新着ビジネスクラス搭乗記

JALマイルを1番貯める方法 最強クレジットカードを徹底比較

JAL(日本航空)マイルを効率よく貯めるコツは、JAL※マイレージが貯まるクレジットカードを上手に活用することです。JALマイレージが貯まるクレジットカードは沢山種類があるので、今回はあなたにあった1番オススメのJALカードを紹介します。

少し長くなりますが、最後まで是非お読みください!

※ここでは、マイルとマイレージは同義(同じ意味)で使用しています。

結論から言うと、「JALカード」と「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」、この2種類のカードをおさえておけば、1番効率よくJALマイルを貯めることができます。今回当サイトでは、マイレージに関することを、素人でもわかるように、どこよりも詳しく解説しています。

この2種類の「JALカード」と「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」どちらを選ぶかは、生活スタイルによって変わってきます。

    • ①・・・年間、飛行機(JAL便)に1回以上乗る生活スタイルの人→「JALカード」

出張や、旅行の予定がすでに決まっているなど、 JAL便に1回でも乗る予定がある方は、ボーナスマイルが取得できるため、JALカードがおすすめです。1回乗るごとにもらえるマイルや、初回だけもらえるボーナスマイルが取得できます。加えて、同じカードでショッピングや生活費を支払うようにすることで、たくさんのマイルを貯めることができます。

  • ②・・・年数回の旅行に向けて、これからショッピングや日々の生活で、マイルを貯めていきたい人(※陸マイラー)→「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」※陸マイラー(おかマイラー)=飛行機に乗らず、クレジットカードによる消費でマイレージを貯める人の呼称

    普段、飛行機に乗る仕事ではなかったり、今は飛行機(JAL便)に乗る予定が無い方は、セゾンのカードを陸でたくさん使用することで、マイルを効率よく貯めることができます。
    日々の生活費や娯楽費はもちろん、家電など大きな買い物を「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」で支払うだけで、往復旅行券を手に入れることも可能です。

    以下の「JALマイルを飛行機に乗らずに日常生活で貯める方法」で、もっと具体例をみていきますが、もっと大きなお買い物の予定がある→年間200万円、月にすると17万円以上の支払いをカードでする可能性がある場合、もっとおすすめのカードがあります。下記③でご紹介します。

  • ③・・・年間のカードの支払いが200万円をこえる可能性がある、または個人事業主や法人代表の方には、同じセゾンカードでも「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」がおすすめです。年会費は、カードを利用することによって半額になったり、マイルに移行する手数料が無料なので、大きな買い物の予定がある方や、様々な支払いをこのカードでという方は、同じセゾンカードでもプラチナビジネスのカードをおすすめします。

この2種類、「JALカード」および「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」ですが、この2つの中でも、クレジットカードの種類がいくつか分かれています。損しないために、自分の生活スタイルに1番合ったカードを詳しく探していきましょう。

下記に目次がありますので、ご自分のライフスタイルに合ったクレジットカードをすぐに見つけることが出来るようになっていますので参考にして下さい。

目次

JALマイルを飛行機に乗らずに日常生活で貯める方法

今のところJALの飛行機に乗る予定がなく、これからの旅行、バカンスに向けてマイルを貯めていこうと考えている方はこちらです。
飛行機に乗らずにJALマイルを貯めたい人には、「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」1択です。
なぜこのカードが1番効率が良いかというと、「全ての買い物・支払いで100円=1.125マイル」貯めることが出来るからです。JALマイルを貯めるにあたって、このカードが1番高い還元率を誇ります。

日常生活の食費や光熱費、携帯代はもちろん、モバイルSuicaや、SMART ICOCAのチャージでも、100円=1.125マイルを貯めることができます。1回の乗車賃は微々たるものでも、1年トータルで考えるとかなりの金額になります。

例えば、携帯の料金が月に8000円程度かかっている場合、90マイル貯めることができます。1年では1080マイル。夫婦2台として単純に倍にすると2160マイル。
携帯の料金だけをとってみても、かなりのマイルが貯まることがわかります。

子どもがいる場合、教材を自宅に届けてもらうなどの通信教育をされている方もたくさんいることでしょう。それも1人あたり月に、安くて3000円程度かかってきます。
クレジットカードを利用し、年間一括払いにすると、安くなる場合があります。この支払いも、このカードに切り替えることによって、コンビニなどで支払った場合に発生する手数料もかからず、なおかつマイルを貯めることができます。

さらに、新聞、ガスや電気などの光熱費、被服費や娯楽費も、同じカードで統一して支払うことによって、すぐに6000マイルほど貯まります。
6000マイルあれば、1人分の国内旅行片道分の切符が買えます。生活スタイルを何も変えていないにもかかわらず、クレジットカードを変更するだけで、1年に1回のんびりと旅行することができるようになります。

今、ポイントを貯めているクレジットカードは、どのような特典がありますか?ポイントが貯まったからと、いるようないらないようなものを注文していることはありませんか?
個人的には、そのカードをやめて、マイルにすべて換算するようにしました。すると、娯楽費として貯めていたお金をホテル代にまわしたり、現地での飲食費にまわすことができ、余裕のある旅行ができるようになりました。
また、家族カードが4枚まで年会費1,000円で発行できます。合算してマイルを貯めることができるので、ますます貯めやすくなっています。

全てのショッピングをマイルに反映させるには、ゴールドカードの年会費10,800円と、マイルクラブ手数料4,320円(合計15,120円)が必要です。セゾンのカードなので、JALのマイルクラブに入会して全てのポイントをマイルにするようにします。

こう書くと初年度の費用が高く感じますが、年会費が、今なら初年度無料です。つまり、初年度かかるお金は4,320円です。

このカードの利点は他にもたくさんあって、マイルを貯める以外にも、セゾンゴールドならではの特典もたくさんあります。
例えば、ゴールドカードならではの特典である、主要空港のラウンジが利用できます。
いざ旅行に行く場合にも、海外旅行保険がついています。これは、国内海外どちらへ旅行する場合にも、補償されます。ただし、国内はこのカードを利用していなくてはならないなど、細かい規定があります。

他には、手荷物を空港から自宅へ送ってくれるサービス。海外でのショッピングでのポイントは通常の2倍になるなど、旅行で使える知っているとお得なサービスがたくさんあります。

また、たとえマイルを貯めるのを目的にしなくなった場合には、マイルクラブへの加入をやめれば、CMでおなじみの永久不滅ポイントが貯まる仕組みになっています。
永久不滅ポイントは、永久不滅ドットコムから買い物をすれば、ますますポイントが貯まる仕組みになっています。

旅行の際に受けられるサービスは、1度目を通しておいて損はありません。
セゾンゴールドの特典や、このカードの細かい情報はこちらのリンクに詳しく解説していますのでご覧下さい。

大きなお買い物の予定があったり、カードで支払うものが多い方は、すぐ下にご紹介している「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」をおすすめします。
年間のカード支払いが200万円をこえる場合は、2年目からはゴールドカードよりプラチナカードにするほうがお得ですし、特典もはるかに多くなっています。ビジネスカードと銘打っていますが、個人でも作ることができます。

ゴールドカードは年間80万円のご利用で9,000JALマイル貯まります。

カードのお支払いが年間200万円を越える場合

飛行機に乗らずにJALマイルを貯めたい人は、「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」一択と言いましたが、年間のカード支払いが200万円を越える人、または個人事業主、法人代表の人は、セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードの事業用のクレジットカード「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」がオススメです。

年会費は21,600円かかりますが、年間200万円利用すれば年会費は10,800円と、半額になります。セゾンの永久不滅ポイントをマイルに変換するために入会する、マイルクラブ手数料も無料になります。
ゴールドカードとの大きな違いはここです。
つまり、

ゴールドカードは年会費が初年度無料だが、マイルクラブ手数料4,320円がかかる
2年目からは通常の年会費10,800円とマイルクラブ手数料4,320円がかかる
2年目からトータル15,120円

プラチナビジネスカードは、初年度から年会費21,600円かかるが、年間200万円の利用で、半額の10,800円、マイルクラブ手数料4,320円は無料
2年目から200万円以上利用すれば、年会費10,800円のみ

というわけで、2年目からは、多く利用する計画があるならゴールドよりプラチナビジネスカードのほうがお得だという計算になります。
ご自分のお支払い状況によって、賢く選択する必要があります。

※手数料の4,320円がかかるとしているサイトもありますが、公式HPには無料と明記されています。

年間200万円とは、月に換算すると、およそ17万円。
1ヶ月に支払うカード代金が17万円以上の方は検討の余地があります。毎月そこまではいかなくても、数年に1度の家電やエアコン、ガスコンロの買い換えなどで大きな買い物をする予定がある場合、トータル年間200万円に達する方は、ビジネスプラチナカードの方がお得です。
本会員でなくても、追加カードを家族用につくることができるので、最大4人まで合算してマイルを貯めることができます。

年間200万円利用する可能性のある人は、「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」より、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」のほうがお得です。

個人事業主や法人代表の方を対象としていますが、会社員でもカードを作ることができます。※サポートデスクに確認済です。

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」については、ゴールドよりもどのように特典が追加されているのか、詳細を記事にしておりますので、ご覧ください。
1度目を通されておくと、旅行やショッピング、さまざまなシーンでカードの特典があることに驚きます。せっかく年会費のかかるカードを使用するなら、たくさんの特典を利用しましょう。

名称セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
カード券面
Gold

Preview
年会費初年度年会費無料
2年目より10,800円
21,600円
※年間200万円以上利用すると、次年度年会費が10,800円
クラブマイル年会費4,320円無料
JALマイル100円=1.125マイル
申し込み公式ページを見てみる公式ページを見てみる

いや、JALグループ便に乗るぞ!という方は、飛行機に1度でも乗るとマイルが効率良く貯まる、JALカードの紹介をしていますので、もう少しお付き合いください。

JAL便に乗ってマイルを貯める人はJALカード

JALの飛行機に年間1度でも乗る人は、※JALカードがおすすめです。
JALカードには、普通〜プラチナまでの細かいランク分けがあります。ランクが上のカードになると、それだけ年会費も高く設定されていますが、もちろんマイル還元率も高くなっています。

JALカードを持っていると受けられる特典は次の通りです。
ランクが上がるにつれて、サービスが増えていきますが、どんなJALカードでも持っているだけで受けられる特典は、

  • 入会搭乗時ボーナス
  • 毎年の初搭乗時にもらえるボーナス
  • 搭乗するたびに区間マイルの○○%プラスされるボーナスマイル(カードランクによって差があり)
  • ショッピングでカードを使用するとマイルがもらえる
  • カード付帯保険
  • 機内販売の割引
  • 国内空港店舗・空港免税店割引
  • ホテルニッコー &JALシティの割引・特典
  • JALパックツアーの割引(国内・海外のパッケージツアー割引)
  • JALビジネスきっぷの当日予約、変更が可能でマイルが貯まる
  • レンタカー割引サービス
  • 手荷物宅配サービス(提携会社ごとに料金は異なります)

とたくさんあります。

※JALカード=JALのクレジットカード

より飛行機に乗る人ほど、上のランクのカードを持った方がマイルをよりたくさん貯めることができます。また、JALカードは、入会して初めて搭乗する時にもらえるボーナスマイルと、年が変わると毎年、初搭乗時にボーナスマイルがもらえます。加えて、搭乗のたびにマイルがプラスされていきます。

このボーナスマイルは、上記でご紹介した「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」には無い特典なので、JAL便に乗る人はJALカードがおすすめです。

JALカードのランク分けはこのようになっています。
どのくらいの回数JAL便に乗るかで、ランクを決めてカードを利用しましょう。

  • JALカード navi (学生専用カード)
  • JAL 普通カード
  • JAL CLUB-Aカード
  • JAL CLUB-A ゴールドカード
  • JAL プラチナカード
  • JAL CLUB EST(20代専用カード)

JALカードの仕組み

JALカードのいいところの1つは、マイルが直接貯まっていくところにあります。例えばANAだと、ポイントからマイルに移行する形になっていて、その場合だと通常、移行手数料が発生します。JALカードは、ショッピングや公共料金の引き落としからでも、直接マイルが貯まっていくので、移行手数料が発生しません。

年会費を安く抑えて年数回JALに乗る人は普通カードがおすすめ

年にJAL便に数回乗る、という方は、普通カードをまず検討してみましょう。
通常キャンペーンで、年会費が初年度無料になっています。

JAL普通カードにもいくつか種類があります。
提携している会社によってサービスが若干違いますが、よく見極めて、自分に合ったカードを使うことでマイルが貯まりやすくなります。

カードの種類が多すぎて、迷ってしまいそうですが、基本提携会社が違うだけで、サービスはほとんど同じです。しかし、よく利用するのがsuicaだったり、TOKYUをよく利用すると特典が違ってくるので、ここで徹底的に比較して自分に合ったカードを見つけていきましょう。

飛ばしたい方は、下記に当サイトオススメカードも明記しています。

JAL普通カード:サービスが同じもの

マイル付与率

マイル付与率は、どの普通カードでも同じ率になっています。200円で1マイルの設定です。
しかし、JALショッピングマイルプレミアムに入会すると、年会費が3,240円かかりますが、100円で1マイル付与されます。マイルを効率よく貯めるには、必須のオプションです。
陸マイラーと違うところは、年に1回でもJAL便に乗ることで、入会時の搭乗ボーナスとして1,000マイルもらえるところです。
これは入会時だけではなく、次年度は、毎年初回の搭乗時に同じ1,000マイルもらうことができます。
さらに数回乗ると、乗った区間マイルプラス10%のマイルがプラスされます。

マイルの期限は36ヶ月。3年で少しずつ貯めたマイルですが、例えば数回JAL便に乗って貯まったけれども使う機会がなかった場合、JALマイル10,000マイルにつき、Amazon10,000円ギフト券に交換することができます。(2017年2月時)
また、全国のおもちゃ屋さんや子ども関係のお店で利用できる「子ども商品券」に交換したり、7,000マイルでUSJの1デイ・パスに交換することもできます。

交換は10,000マイルからが基本でしたが、今はそれほど貯まっていなくても、600マイル、2,000マイル、3,000マイルだけでも、入浴剤や乗馬券、チョコレートに交換できたり(2017年1月時)と、3年経っても無効にならないよう配慮されています。
期限を忘れてしまわないように、メールサービスも用意されています。

ボーナスマイル

入会搭乗ボーナス
入会後初めての搭乗時にプレゼント/1回のみ
1,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス
入会搭乗ボーナス獲得年の翌年以降、毎年最初の搭乗時にプレゼント
1,000マイル
搭乗ごとのボーナスフライトマイルの10%プラス

JAL普通カード:提携会社によってサービスが違うものを比較

ここでは、JAL普通カードの中でも、提携会社(VISA、JCBなど)によって受けられる特典や、使えるサービスが異なってくるので比較していきましょう。

年会費比較

初年度年会費2年目以降年会費家族カード年会費ETCカード
JAL普通カード(JCB)無料2,160円1,080円(入会後1年間無料)無料
JAL普通カード(VISA/MASTER)無料2,160円1,080円(入会後1年間無料)ETCカード年会費:無料 新規発行手数料:1枚につき1,080円
JAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)無料2,160円1,080円(入会後1年間無料)ETCカード年会費:無料 新規発行手数料:1枚につき1,080円
JAL普通カード(OPクレジット)無料2,160円1,080円(入会後1年間無料)無料
JAL普通カード(Suica)無料2,160円取り扱いなしビューETCカード年会費:515円
JAL普通カード(AMEX)6,480円6,480円2,700円無料

単純に年会費のみで比較すると、表のように、アメックスだけ年会費が他のカードより4,000円高くなっています。
4,000円高いのには理由があって、アメックスは保険料が多く設定されています。保険料については、下記に比較表を作成しました。また、空港ラウンジが本会員と同伴者1名まで無料になります。

他のカードは初年度は全て年会費無料です。ETCカードも無料なのは、JCB、OP、の2枚なので、1番安く作る場合はJCB、小田急のポイントを貯めたければOPの方のJCB、このどちらかがお得でしょう。

ただし、マイルをもっと貯めるには、上記で解説したJALショッピングマイルプレミアムの年会費3,240円を足すと考えておきましょう。このショッピングマイルプレミアムの年会費は、カードのランクがゴールドカード以上で無料になります。
普通カードは、キャンペーンで初年度年会費が無料なので、1年目はショッピングプレミアムの年会費3,240円と考えて検討しましょう。

Suicaのみ、家族カードの設定がありません。家族カードが必要な方はそれ以外のカードを選択しましょう。

旅行保険比較

JAL普通カード(JCB)(VISA/MASTER)(OPクレジット)(TOKYU POINT ClubQ)(Suica)JAL普通カード (AMEX)
傷害死亡本会員・家族会員1,000万円最高3,000万円
家族特約対象者1,000万円
傷害後遺障害本会員・家族会員30万~1,000万円
(保険金額の3%~100%)
最高3,000万円
家族特約対象者最高1,000万円
(保険金額の3%~100%)
傷害治療費用本会員・家族会員50万円100万円
家族特約対象者
疾病治療費用本会員・家族会員50万円100万円
家族特約対象者
賠償責任本会員・家族会員2,000万円2,000万円
家族特約対象者
携行品損害本会員・家族会員旅行につき15万円限度/年間累計額100万円限度1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)
家族特約対象者
救援者費用本会員・家族会員100万円100万円
家族特約対象者
24時間救急
サービス
補償期間90日間90日間
年会費が高いぶん、アメックスには家族特約もあり、補償は手厚くなっています。通常の旅行のための保険はじゅうぶんまかなえる補償です。
アメックスは通常の提携会社とは異なった、手厚いサービスがある場合が多く、そのため他の提携会社ではかからない年会費が必要です。
全国のコストコで使用できることも大きなポイントのひとつです。

電子マネー対応表

スマート<br/ >ICOCA—-◯-QuickPay—–

JCBVISA/MASTEOPクレジットTOKYU POINT ClubQダイナースAMEX
Suicaオートチャージ
PASMOオートチャージ
JMB WAONクレジットチャージ
普段、Suicaを定期券などで頻繁に利用する人は、SuicaオートチャージができるSuicaカードを選択しましょう。カードを申し込む段階で、オートチャージ希望を明記しておきます。
TOKYUグループのお店が近くにありよく利用する方はTOKYU POINT ClubQ、小田急を利用することが多い方はOPクレジットを選びましょう。それぞれのお店のポイントも貯まることができ、ダブルでお得です。Suicaも利用しない、小田急も東急も近くにない、利用しない方におすすめなのが、下記に紹介するTOKYU POINT ClubQカードです。
このカードはTOKYUのカードではありますが、電子マネー2つに対応しているため、倍のマイルをためることができます。
JAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)は、PASMOオートチャージ、JMB WAONクレジットチャージの2つに唯一対応しているJAL普通カードです。

PASMOも、WAONもチャージすること、プラス、チャージしたお金を利用することで、2回分のJALマイルが貯まります。(下記に注意事項があります)

※2017年1月時点、ショッピングプレミアムに入会しているTOKYU POINT ClubQカード会員は、100円チャージごとに1マイル貯まります。しかし、2017年4月から、マイルを積算するのではなく、TOKYUポイントが積算される仕様に変更されました。
そのため、TOKYUポイントは200ポイント=1マイルですので、過去より特典が少なくなりました。

しかし、電子マネー2つに対応しているのはTOKYU POINT ClubQだけですので、積算率は低くなりましたが、1番マイルの貯まりやすいカードであることにかわりありません。

当サイトおすすめJAL普通カード

上記でご紹介したJAL普通カードは、どれもスペックに差異はありませんが、この中から1枚選ぶなら、当サイトは「TOKYU POINT ClubQ提携のJAL普通カード」をオススメします。WAONは、クレジットカードチャージができ、PASMOはオートチャージができます。両方とも、カード利用とチャージで同様にマイルが貯まります。TOKYUポイント加盟店で貯まるTOKYUポイントをJALマイルに交換もできます。

※2017年3月31日までは、PASMOのオートチャージが100円=1マイル貯まる仕組みでしたが、2017年4月以降、マイルは積算されずTOKYUポイントに積算される仕様に変更されました。しかし、TOKYUポイントは200ポイント=1マイルに移行できるので、TOKYUが近くに無くても、普通カードの中ではこのカードがおすすめです。

また、VISAかマスターカードを選択できるので、海外に行くときも大抵のお店でも使えます。すべてのカードを研究しましたが、このカードが1番平均点が高いので、このカードを持っていれば間違いないでしょう。

Cf r top

JAL普通カードTOKYU POINT ClubQは、初年度年会費無料です。PASMO、WAONのチャージでマイルが貯まります。TOKYUポイント加盟店(東急ストア、東急ハンズなど)で利用すると、TOKYUポイントが貯まり、こちらもJALマイレージに交換できます(2,000ポイント=1,000JALマイル)
カード名年会費1年目年会費2年目マイレージ還元率電子マネー
JAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)無料2,160円0.5%〜1%PASMO
WAON

その他JAL普通カード一覧

JAL普通カード全てを比較したい方は下記のまとめをお読みください。

年に1度でもJAL便で海外へ行く人はCLUB-Aカードがおすすめ

JAL便の搭乗が多い人、また年に1度でも海外へ行かれる方は、CLUBーAカードのほうが効率よくマイルが貯められます。上記で紹介している、JAL普通カードの1つ上のランクのカードが「CLUBーAカード」です。
名前がややこしいのですが、「CLUBーAカード」と、「CLUBーAゴールドカード」があり、ここでご紹介するのは「CLUBーAカード」です。
「CLUBーAゴールドカード」との違いは下記のゴールドカードの欄で詳しく検証します。

「CLUBーAカード」から、年会費がぐんとあがりますが、そのぶん「CLUBーAカード」以上のカードを持っていると受けられる特典も数多くあります。
JAL公式ページにも、年に1度以上海外旅行に行かれる方におすすめと明記されています。
海外旅行保険が、普通カードよりもとても補償金額が上がった点や、搭乗した区間にさらに25%上乗せされるマイル、ビジネスクラスチェックインカウンターが利用できる、海外旅行において24時間使える日本語の救急サービスなど、海外旅行向けのサービスがかなり充実しています。

「CLUBーAカード」は、入会時にもらえるボーナスマイルが5,000マイルで、普通カードより4,000マイル多くなっています。
基本、10,000マイル貯めるには100万円必要と言われています。カードに入会するだけで50万円航空券に使用したと同じマイルがもらえるので、入会しない手はないと思います。

普通カードから切り替える人も多くいらっしゃいます。「普通カード」から「CLUBーAカード」へ切り替える場合は、入会時のボーナスは差し引きされることになります。

次年度からは、初回搭乗時のボーナスマイルは2,000マイル。普通カードの倍に設定されています。
数回搭乗すると、区間マイルに加え、25%のボーナスマイルがもらえます。

また、特筆すべき点として、CLUBーAカードを持っていると、JALビジネスクラス・チェックインカウンターが利用できることが挙げられます。
出張や旅行の出発時、到着時に列に並ばず優先的に進むことができるのは時間的にもお得です。

JAL 180

他にも、普通カードよりもランクが上がるため、様々な特典が用意されています。JALグローバルクラブ会員(=JGC、JALの上級会員)になるためには、JALCLUB-A以上のランクのカードを持っている必要があります。(FLYーONポイントが貯まってから申し込むこともできます。)

JAL会員誌「アゴラ」もCLUBーAカードランク以上の方に届けられます。
世界各国のトレンドやカルチャー、世界を知り尽くしたJALならではの特集記事、海外で活躍する日本人のインタビューなど、読み応えのあるラインナップ。
また、JALカード会員ならではのサービスや特典などの最新情報も紹介されています。
この「アゴラ」は、通常年間購読料3,730円の知的情報誌です。

また、年に1度、カレンダーが届けられます。複数のデザインから選ぶことができます。
不要な方は、300マイルがもらえます。

ゴールドカードへの審査が難しい方も、普通カードよりも1つ上のステップアップとしてCLUB-Aカードをおすすめします。

CLUBーAカードには、5種類あります。

  • JALCLUBーAカード(JCB)
  • JALCLUBーAカード(VISA/MASTER)
  • JAL CLUBーAカード(Suica)
  • JALCLUBーAカード(TOKYU POINT ClubQ)
  • JALCLUBーAカード(OPクレジット)

このCLUBーAカードの枠には提携ブランドにアメリカン・エクスプレスはありません。
CLUBーAカードには残り提携会社別に5種類あり、自分に合ったカードがどれか迷ってしまうので、1つずつ比較していきましょう。下記に当サイトおすすめカードを明記しています。

JAL CLUBーAカード:サービスが同じもの

マイル付与率

マイル付与率は、JAL普通カードも、CLUBーAカードでも、同じ率になっています。200円で1マイルの設定です。しかし、JALショッピングマイルプレミアムに入会すると、年会費が3,240円かかりますが、100円で1マイル付与されます。マイルを効率よく貯めるには、必須のオプションです。

ボーナスマイル

入会搭乗ボーナス
入会後初めての搭乗時にプレゼント/1回のみ
5,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス
入会搭乗ボーナス獲得年の翌年以降、毎年最初の搭乗時にプレゼント
2,000マイル
搭乗ごとのボーナスフライトマイルの25%プラス

旅行保険比較

CLUB Aカード全部
傷害死亡本会員・家族会員5,000万円
家族特約対象者
傷害後遺障害本会員・家族会員150万~5,000万円
(保険金額の3%~100%)
家族特約対象者
傷害治療費用本会員・家族会員150万円
家族特約対象者
疾病治療費用本会員・家族会員150万円
家族特約対象者
賠償責任本会員・家族会員2,000万円
家族特約対象者
携行品損害本会員・家族会員1旅行につき50万円限度/年間累計額100万円限度
家族特約対象者
救援者費用本会員・家族会員100万円
家族特約対象者
24時間救急
サービス
補償期間90日間
CLUB-Aカードは全ての提携ブランドで保険の補償に違いはありません。普通カードとの比較では、やはり傷害死亡などで最大5,000万円に。
1番使うと思われる傷害や疾病の治療費用が150万円で、普通カードの3倍の補償額になっています。

JAL CLUBーAカード:提携会社によってサービスが違うものを比較

年会費

初年度年会費2年目以降年会費家族カード年会費ETCカード
CLUBーAカード(JCB)10,800円10,800円3,780円無料
CLUBーAカード(VISA/MASTER10,800円10,800円3,780円ETCカード年会費:無料 新規発行手数料:1枚につき1,080円
CLUBーAカード(TOKYU POINT ClubQ)10,800円10,800円3,780円ETCカード年会費:無料 新規発行手数料:1枚につき1,080円
CLUBーAカード(OPクレジット)10,800円10,800円3,780円無料
CLUBーAカード(Suica)10,800円10,800円取り扱いなしビューETCカード年会費:515円

JCB関係のカードはETCのカードが無料です。
VISAは発行手数料が1,080円で、年会費は無料です。
Suicaと連携しているカードは普通カードとCLUB-Aカードまでで、ゴールドカードからはSuicaカードはありません。
JAL普通カードでは、キャンペーンで初年度年会費が無料のカードがありましたが、CLUBーAカードは初年度から年会費10,800円かかります。これは全てのCLUBーAカードで同じです。そして、よりマイルをたくさん貯めるために、上記で解説したJALショッピングマイルプレミアムの入会金、3,240円を年会費に含めて計算しましょう。

電子マネー対応表

スマート<br/ >ICOCA—-◯-QuickPay—–

JCBVISA/MASTEOPクレジットTOKYU POINT ClubQダイナースAMEX
Suicaオートチャージ
PASMOオートチャージ
JMB WAONクレジットチャージ

JAL CLUB Aカード(TOKYU POINT ClubQ)は、PASMOオートチャージ、JMB WAONクレジットチャージの2つに唯一対応しているCLUB-Aカードです。PASMOも、WAONもチャージする事でJALマイルが貯まります。

※2017年1月時点、ショッピングプレミアムに入会しているTOKYU POINT ClubQカード会員は、100円チャージごとに1マイル貯まります。しかし、2017年4月から、マイルを積算するのではなく、TOKYUポイントが積算される仕様に変更されました。 そのため、TOKYUポイントは200ポイント=1マイルですので、過去より特典が少なくなりました。

しかし、電子マネー2つに対応しているのはTOKYU POINT ClubQだけですので、積算率は低くなりましたが、1番マイルの貯まりやすいカードであることにかわりありません。

当サイトおすすめCLUB-Aカード

上記でご紹介したCLUB-Aカードは、どれもスペックにあまり差異はありませんが、この中から1枚選ぶなら、当サイトは「TOKYU POINT ClubQ提携のCLUB-Aカード」をオススメします。WAONは、クレジットカードチャージができ、PASMOはオートチャージができます。両方とも、カード利用と使用時、どちらもマイルとポイントが貯まります。TOKYUポイント加盟店で貯まるTOKYUポイントは、JALマイルに交換もできます。(2,000ポイント=1,000マイル)マイルだけ貯めるより、マイルとポイント同時に貰ってからポイントもマイルに変換するのが早く貯める近道です。

また、VISAかマスターカードを選択できるので、海外に行くと大抵のお店で使えます。すべてのカードを研究しましたが、このカードが1番平均点が高いので、このカードを持っていれば間違いないでしょう。

Cf a top

「JAL普通カードTOKYU POINT ClubQよりも、搭乗時にもらえるボーナスマイルと旅行保険を充実させた1枚です。ビジネスクラスチェックインカウンターが利用できます。PASMO、WAONのチャージでJALマイルが貯まります。
カード名年会費1年目年会費2年目マイレージ還元率電子マネー
JAL CLUB Aカード(TOKYU POINT ClubQ)10,800円10,800円0.5%〜1%PASMO
WAON

JAL CLUB-Aカード全てを比較したい方は下記のまとめをお読みください。

JAL普通カードとCLUBーAカードは、どちらが良いのか?迷っている方は下記のまとめをどうぞ。

CLUBーAゴールドカードにするならアメックス

CLUBーAカードと、CLUBーAゴールドカードの違いは、提携会社のラウンジサービスが利用できること、旅行保険がCLUBーAに比べさらに充実していることです。
ラウンジサービスは、空港での待ち時間にドリンクやスナックが用意されています。カードを所持している本人が利用できますが、提携会社をアメックスにすると、同伴者も1名無料で入ることができます。

普通カード、CLUBーAカードでは、200円使用=1マイルであるところ、100円=1マイルにするためには、年間3,240円のJALショッピングマイルプレミアムの会員になる必要がありました。
しかし、CLUBーAゴールドカード以上のランクの会員になると、ショッピングプレミアムは自動入会となり、年会費はカード年会費に含まれることになります。ここは大きなポイントです。

年会費はあがりますが、ショッピングマイルプレミアムを含むと考えると、CLUBーAカードとの違いは年に3,240円となります。この差額でゴールドカードのサービスが受けられるのはお得です。

また、JALグローバルクラブ会員(=JGC、JALの上級会員)になるためには、JALCLUB-A以上のランクのカードを持っている必要があります。(FLYーONポイントが貯まってから申し込むこともできます。)

CLUBーAゴールドカードには、6種類あります。
CLUBーAカードのランクではなかったアメックスがあり、新しくダイナースもゴールドカードから参入しています。Suica連携カードはなくなっています。

  • JAL CLUBーAゴールドカード(JCB)
  • JAL CLUBーAゴールドカード(VISA/MASTER)
  • JAL CLUBーAゴールドカード(TOKYU POINT ClubQ)
  • JAL CLUBーAゴールドカード(OPクレジット)
  • JAL CLUBーAゴールドカード(アメックス)
  • JAL CLUBーAゴールドカード(ダイナース)

JAL CLUBーAゴールドカード:サービスが同じもの

マイル付与率

入会搭乗ボーナス
入会後初めての搭乗時にプレゼント/1回のみ
5,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス
入会搭乗ボーナス獲得年の翌年以降、毎年最初の搭乗時にプレゼント
2,000マイル
搭乗ごとのボーナスフライトマイルの25%プラス

JAL CLUBーAゴールドカード:提携会社によってサービスが違うものを比較

年会費

初年度年会費2年目以降年会費家族カード年会費ETCカード
CLUBーAゴールドカード(JCB)17,280円17,280円8,640円無料
CLUBーAゴールドカード(VISA/MASTER)17,280円17,280円3,780円ETCカード年会費:無料 新規発行手数料:1枚につき1,080円
LCLUBーAゴールドカード(TOKYU POINT ClubQ)17,280円17,280円8,640円ETCカード年会費:無料 新規発行手数料:1枚につき1,080円
CLUBーAゴールドカード(OPクレジット)17,280円17,280円8,640円無料
CLUBーAゴールドカード(アメックス)20,520円20,520円8,640円無料
CLUBーAゴールドカード(ダイナース)30,240円30,240円9,720円無料
JAL普通カードおよび、CLUBーAカードでは、マイル還元率を100円=1マイルにするため、JALショッピングマイル会員になる必要がありました。CLUBーAゴールドカードでは、年会費にJALショッピングマイル会員の年会費(3,240円)も含まれています。マイルを効率良く貯めることを考えると、ショッピングプレミアムには入会しておかなくてはいけないので、CLUBーAカードをゴールドにできるなら、こちらのほうがお得です。
アメックスとダイナースは年会費が違います。同じゴールドカードでも、保険の保障額やサービスが違う点がありますので、よく検討しましょう。

旅行保険比較

CLUB Aゴールド(VISA/MASTER)(TOKYU POINT ClubQ)CLUB Aゴールド(JCB)(OP)CLUB Aゴールド(AMEX)CLUB Aゴールド(ダイナースカード)
傷害死亡本会員・家族会員5,000万円最高1億円5,000万円最高1億円
家族特約対象者1,000万円1,000万円1,000万円
傷害後遺障害本会員・家族会員150万~5,000万円
(保険金額の3%~100%)
最高1億円150万~5,000万円
(保険金額の3%~100%)
最高1億円
家族特約対象者30万~1,000万円
(保険金額の3%~100%)
最高1,000万円
(保険金額の3%~100%)
30万~1,000万円
(保険金額の3%~100%
傷害治療費用本会員・家族会員150万円300万円200万円300万円
家族特約対象者150万円200万円200万円
疾病治療費用本会員・家族会員150万円300万円200万円300万円
家族特約対象者150万円200万円200万円
賠償責任本会員・家族会員2,000万円(免責1,000円)1億円3,000万円1億円
家族特約対象者2,000万円(免責1,000円)2,000万円3,000万円
携行品損害本会員・家族会員1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)1旅行につき50万円限度/年間100万円限度
家族特約対象者1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)
救援者費用本会員・家族会員150万円400万円200万円400万円
家族特約対象者150万円200万円200万円
24時間救急
サービス
補償期間90日間90日間90日間90日間

電子マネー対応表

スマート<br/ >ICOCA—-◯-QuickPay—–

JCBVISA/MASTEOPクレジットTOKYU POINT ClubQダイナースAMEX
Suicaオートチャージ
PASMOオートチャージ
JMB WAONクレジットチャージ

当サイトオススメJAL CLUBーAゴールドカードはアメックス

CLUBーAとCLUBーAゴールドカードは、ご覧の通り年会費が高くなりますが、サービスにあまり違いはありません。ただし、「JAL CLUBーAゴールドアメックス」には、アドオンマイルがつきます。

アドオンマイルとは、JALグループの対象商品を購入する際、通常のショッピングマイルに加え、プラスしてもらえるマイルのことです。アメックスの場合は、100円=3マイル貯まる計算になります。後述するプラチナカードは100円=4マイルなので、JALで商品を購入したりツアーを申し込む人は、プラチナカードにするのも一考です。
Cf g sas
CLUBーAゴールドカードアメックスは、年会費が他のゴールドカードより高い分、マイルがより多く貯まります。アドオンマイルといって、JALグループの対象商品(ツアー含む)を購入する際に、通常のショッピングマイルに加えてプラスしてマイルがもらえます。100円=3マイルの計算でどんどんマイルが貯まります。これは、ゴールドカードの中でアメックスだけです。(他のゴールド・カードは100円=2マイル)
カード名年会費1年目年会費2年目マイレージ還元率電子マネー
JAL CLUB Aゴールド・カード
JALアメリカン・エキスプレス®・カード
20,520円20,520円1%(アドオンマイル2%)

その他、ゴールド・カード一覧

JAL CLUB-Aゴールドカード全てを比較したい方は下記まとめをお読みください。

JAL普通カードとCLUBーAカードは、

JAL CLUBーAカードと CLUBーAゴールドは、どちらが良いのか?迷っている方は下記のまとめをどうぞ。

JALグループ便やJALツアー、機内販売で年間100万円以上使う人

ここでは、JALカード最上級のプラチナカードをご紹介します。プラチナカードというだけあって年会費も高く設定されていますが、1番効率良くマイルが貯まるのもこのカードです。
また、海外の空港ラウンジで使えるプライオリティ・パスが付帯します。

プライオリティ・パスを所持していると入ることのできるラウンジですので、他の空港ラウンジよりも飲み物や食べ物が充実しています。

例えば、こちらは関西国際空港内にある、KALラウンジです。

Korean 005

Korean 008

Korean 011

プラチナカードは、JALグループや機内販売を利用すると、プラスでついてくる「アドオンマイル」が100円=4円で、これはJALカードの中で1番高還元率です。

「アドオンマイル」とは、JAL関連の航空券予約や、ショッピング(機内販売など)で買い物をすると、通常100円=2マイルにプラスして100円=2マイルさらにもらえるシステムです。合計4マイル。
JALのHPには、50,000円のお買い物で2,000マイル貯まると表記されています。

年会費が高くても、旅行や出張などで100万円以上使えば4万マイル貯まるので、よく利用する人にはお得なカードです。
下記に当サイトのオススメはどちらのカードが明記しています。

JALグローバルクラブ会員(=JGC、JALの上級会員)になるためには、JALCLUB-A以上のランクのカードを持っている必要があります。(FLYーONポイントが貯まってから申し込むこともできます。)

プラチナカードは以下の2種類しかありません。

  • プラチナJAL アメリカン・エキスプレス®・カード
  • プラチナJAL・JCBカード

JAL プラチナカード:サービスが同じもの

マイル付与率

入会搭乗ボーナス
入会後初めての搭乗時にプレゼント/1回のみ
5,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス
入会搭乗ボーナス獲得年の翌年以降、毎年最初の搭乗時にプレゼント
2,000マイル
搭乗ごとのボーナスフライトマイルの25%プラス

年会費

初年度年会費2年目以降年会費家族カード年会費ETCカード
プラチナJAL アメリカン・エキスプレス®・カード33,480円33,480円16,740円無料
プラチナJAL・JCBカード33,480円33,480円16,740円無料
JALではゴールドカードより上のランクでは、JALショッピングマイルプレミアムに自動入会となっていて、JAL普通カードのように別に年会費を払う必要がありません。(ショッピングマイル100円=1マイル)

JAL プラチナカード:提携会社によってサービスが違うものを比較

旅行保険比較

プラチナJAL・AMEXプラチナJAL・JCBカード
傷害死亡本会員・家族会員最高1億円1億円
家族特約対象者1,000万円1,000万円
傷害後遺障害本会員・家族会員最高1億円最高1億円(保険金額の3~100%)
家族特約対象者最高1,000万円(保険金額の3%~100%)最高1,000万円(保険金額の3%~100%)
傷害治療費用本会員・家族会員200万円1,000万円
家族特約対象者200万円1,000万円
疾病治療費用本会員・家族会員200万円1,000万円
家族特約対象者200万円1,000万円
賠償責任本会員・家族会員3,000万円1億円
家族特約対象者3,000万円2,000万円
携行品損害本会員・家族会員1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)1旅行につき100万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)
家族特約対象者1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)1旅行につき100万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)
救援者費用本会員・家族会員200万円1000万円
家族特約対象者200万円1,000万円
24時間救急
サービス
補償期間90日間90日間

電子マネー対応表

QuickPay

JCBAMEX
JMB WAONクレジットチャージ

当サイトおすすめJALプラチナカード

当サイトのオススメはJCBのプラチナカードです。JCBとアメックスで比較したところ、どちらもサービス内容はかなり充実していますが、海外旅行保険がより充実しているので、JCBに軍配があがりました。JCBはQUICK PAYとWAONチャージでもマイルが貰えます。

Cf p jcb

JALカードの中で最上級のカード。アドオンマイルで最大100円=4マイルの高還元率を誇ります。海外旅行保険も充実しています。JALマイルが1番貯まるカードはこのカードで間違いありません。
カード名年会費1年目年会費2年目マイレージ還元率電子マネー
プラチナJAL・JCBカード33,480円33,480円1%(アドオンマイル3%)WAON

JALプラチナ全てを比較したい方は下記まとめをお読みください。

学生はJAL naviカードで決まり

学生はJAL naviカードに決まりです。高校生を除く18歳以上30歳未満の学生(大学院、大学、短大、専門学校、高専4・5年生)と、申し込みできる範囲が限られていますが、年会費は無料のうえ、JALショッピングマイルプレミアムの年会費も無料でついてきます。

年会費無料+JALショッピングマイルプレミアムの年会費も無料のカードは学生専用のこのJAL naviカードだけです。

JAL naviカードには提携会社別に2種類あります。

  • JALカードnavi(JCB)
  • JALカードnavi(VISA/MASTER)

JALカードnavi:サービスが同じもの

マイル付与率

入会搭乗ボーナス
入会後初めての搭乗時にプレゼント/1回のみ
1,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス
入会搭乗ボーナス獲得年の翌年以降、毎年最初の搭乗時にプレゼント
1,000マイル
搭乗ごとのボーナスフライトマイルの10%プラス

年会費

在学中はずっと無料です。JALショッピングプレミアムにも自動入会になっていて、年会費も無料です。(通常、年間3,240円かかります)

ただし、ETCカードの新規発行手数料に違いがあります。JCBは無料ですが、VISA/MASTERカードは新規発行手数料1,080円がかかります。年会費は両方とも無料です。

ボーナスマイル

飛ぶほどボーナスマイル

毎年1月から12月までの搭乗実績*に応じて、最大2,000マイルがプレゼント。

搭乗実績ボーナスマイル
2,500~4,999マイル5,000マイル以上
1,000マイル2,000マイル

ためるほどボーナスマイル
毎年1月から12月までに獲得したマイル数に応じて、最大300マイルがプレゼント。

獲得マイル数ボーナスマイル
0~999マイル50マイル
1,000~1,999マイル100マイル
2,000~2,999マイル200マイル
3,000マイル以上300マイル
JAL naviカードだけのボーナスマイルが貯まる仕組みです。「飛ぶほどボーナスマイル」、「ためるほどボーナスマイル」で、搭乗すればボーナスマイル、マイルを貯めるとマイル数に応じてさらにプラスでボーナスマイルがもらえるので、かなりお得になっています。

JALカードnavi:提携会社によってサービスが違うものを比較

旅行保険比較

JAL naviカード
傷害死亡本会員・家族会員1,000万円
家族特約対象者
傷害後遺障害本会員・家族会員30万~1,000万円(保険金額の3%~100%)
家族特約対象者
傷害治療費用50万円
家族特約対象者
疾病治療費用本会員・家族会員50万円
家族特約対象者
賠償責任本会員・家族会員2,000万円
家族特約対象者
携行品損害本会員・家族会員1旅行につき15万円限度/年間累計額100万円限度
家族特約対象者
救援者費用本会員・家族会員100万円
家族特約対象者
24時間救急
サービス
補償期間90日間

電子マネー対応表

JALカードnavi(JCB)JALカードnavi(VISA/MASTER)
Suicaオートチャージ
PASMOオートチャージ
JMB WAONクレジットチャージ

当サイトオススメJAL naviカード(学生専用カード)

当サイトのオススメJAL naviカードはJCB提携JAL naviカードです。違いはETCカードの発行手数料だけですが、レンタカーやカーシェアリングでもETCカードは使えますので、1枚持っておくと学生の近場の旅行にも便利です。もちろんETCカード利用分もマイルが貯まります。

Cf n jcb

学生ならJAL Naviカードで決まりです。在学中の年会費はずっと無料で、マイル還元率も1%とお得です。JCBなら、WAONチャージでJALマイレージを貯める事ができます。
カード名年会費1年目年会費2年目マイレージ還元率電子マネー
JAL naviカード(JCB)在学中無料在学中無料1%WAON

学生でない20代の人はJALCLUB ESTカード

JAL CLUB ESTは、20代限定の特別なカードです。提携会社やカードランクは、上記で紹介した「JAL普通カード」、「JAL CLUBーAカード」、「JAL CLUBーAゴールドカード」「プラチナJALカード」と同じですが、JAL CLUB ESTならではの特典がたくさんあります。年会費が少し高くなりますが、その倍ほどのマイル還元率になっています。

JAL CLUB ESTカード全種類比較

マイル付与率

入会搭乗ボーナス
入会後初めての搭乗時にプレゼント/1回のみ
2,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス
入会搭乗ボーナス獲得年の翌年以降、毎年最初の搭乗時にプレゼント
2,000マイル
搭乗ごとのボーナスフライトマイルの15%プラス
入会搭乗ボーナス
入会後初めての搭乗時にプレゼント/1回のみ
6,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス
入会搭乗ボーナス獲得年の翌年以降、毎年最初の搭乗時にプレゼント
3,000マイル
搭乗ごとのボーナスフライトマイルの30%プラス
入会搭乗ボーナス
入会後初めての搭乗時にプレゼント/1回のみ
6,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス
入会搭乗ボーナス獲得年の翌年以降、毎年最初の搭乗時にプレゼント
3,000マイル
搭乗ごとのボーナスフライトマイルの30%プラス
入会搭乗ボーナス
入会後初めての搭乗時にプレゼント/1回のみ
6,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス
入会搭乗ボーナス獲得年の翌年以降、毎年最初の搭乗時にプレゼント
3,000マイル
搭乗ごとのボーナスフライトマイルの30%プラス

旅行保険比較

JAL CLUB EST 普通カード(JCB)(VISA/MASTER)(OPクレジット)(TOKYU POINT ClubQ)(Suica)JAL CLUB EST 普通カード(AMEX)
傷害死亡本会員・家族会員1,000万円最高3,000万円
家族特約対象者1,000万円
傷害後遺障害本会員・家族会員30万~1,000万円
(保険金額の3%~100%)
最高3,000万円
家族特約対象者最高1,000万円
(保険金額の3%~100%)
傷害治療費用本会員・家族会員50万円100万円
家族特約対象者
疾病治療費用本会員・家族会員50万円100万円
家族特約対象者
賠償責任本会員・家族会員2,000万円2,000万円
家族特約対象者
携行品損害本会員・家族会員旅行につき15万円限度/年間累計額100万円限度1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)
家族特約対象者
救援者費用本会員・家族会員100万円100万円
家族特約対象者
24時間救急
サービス
補償期間90日間90日間
JAL CLUB EST CLUB Aカード全部
傷害死亡本会員・家族会員5,000万円
家族特約対象者
傷害後遺障害本会員・家族会員150万~5,000万円
(保険金額の3%~100%)
家族特約対象者
傷害治療費用本会員・家族会員150万円
家族特約対象者
疾病治療費用本会員・家族会員150万円
家族特約対象者
賠償責任本会員・家族会員2,000万円
家族特約対象者
携行品損害本会員・家族会員1旅行につき50万円限度/年間累計額100万円限度
家族特約対象者
救援者費用本会員・家族会員100万円
家族特約対象者
24時間救急
サービス
補償期間90日間
JAL CLUB EST CLUB Aゴールド(VISA/MASTER)(TOKYU POINT ClubQ)JAL CLUB EST CLUB Aゴールド(JCB)(OP)JAL CLUB EST CLUB Aゴールド(AMEX)JAL CLUB EST CLUB Aゴールド(ダイナースカード)
傷害死亡本会員・家族会員5,000万円最高1億円5,000万円最高1億円
家族特約対象者1,000万円1,000万円1,000万円
傷害後遺障害本会員・家族会員150万~5,000万円
(保険金額の3%~100%)
最高1億円150万~5,000万円
(保険金額の3%~100%)
最高1億円
家族特約対象者30万~1,000万円
(保険金額の3%~100%)
最高1,000万円
(保険金額の3%~100%)
30万~1,000万円
(保険金額の3%~100%
傷害治療費用本会員・家族会員150万円300万円200万円300万円
家族特約対象者150万円200万円200万円
疾病治療費用本会員・家族会員150万円300万円200万円300万円
家族特約対象者150万円200万円200万円
賠償責任本会員・家族会員2,000万円(免責1,000円)1億円3,000万円1億円
家族特約対象者2,000万円(免責1,000円)2,000万円3,000万円
携行品損害本会員・家族会員1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)1旅行につき50万円限度/年間100万円限度
家族特約対象者1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)
救援者費用本会員・家族会員150万円400万円200万円400万円
家族特約対象者150万円200万円200万円
24時間救急
サービス
補償期間90日間90日間90日間90日間
JAL CLUB EST プラチナJAL・AMEXJAL CLUB EST プラチナJAL・JCBカード
傷害死亡本会員・家族会員最高1億円1億円
家族特約対象者1,000万円1,000万円
傷害後遺障害本会員・家族会員最高1億円最高1億円(保険金額の3~100%)
家族特約対象者最高1,000万円(保険金額の3%~100%)最高1,000万円(保険金額の3%~100%)
傷害治療費用本会員・家族会員200万円1,000万円
家族特約対象者200万円1,000万円
疾病治療費用本会員・家族会員200万円1,000万円
家族特約対象者200万円1,000万円
賠償責任本会員・家族会員3,000万円1億円
家族特約対象者3,000万円2,000万円
携行品損害本会員・家族会員1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)1旅行につき100万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)
家族特約対象者1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)1旅行につき100万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)
救援者費用本会員・家族会員200万円1000万円
家族特約対象者200万円1,000万円
24時間救急
サービス
補償期間90日間90日間

JAL CLUB ESTでカード入会した場合の年会費

初年度年会費2年目以降年会費家族カード年会費ETCカードJAL CLUB EST年会費JAL CLUB EST年会費(家族会員)
JAL CLUB EST 普通カード(JCB)無料2,160円1,080円(入会後1年間無料)無料5,440円2,160円
JAL CLUB EST 普通カード(VISA/MASTER)無料2,160円1,080円(入会後1年間無料)ETCカード年会費:無料 新規発行手数料:1枚につき1,080円5,440円2,160円
JAL CLUB EST 普通カード(TOKYU POINT ClubQ)無料2,160円1,080円(入会後1年間無料)ETCカード年会費:無料 新規発行手数料:1枚につき1,080円5,440円2,160円
JAL CLUB EST 普通カード(OPクレジット)無料2,160円1,080円(入会後1年間無料)無料5,440円2,160円
JAL CLUB EST 普通カード(Suica)無料2,160円取り扱いなしビューETCカード年会費:515円5,440円取り扱いなし
JAL CLUB EST 普通カード(AMEX)6,480円6,480円2,700円無料5,440円2,160円
初年度年会費2年目以降年会費家族カード年会費ETCカードJAL CLUB EST年会費JAL CLUB EST年会費(家族会員)
JAL CLUB EST CLUB-Aカード(JCB)10,800円10,800円3,780円無料5,440円2,160円
JAL CLUB EST CLUB-Aカード(VISA/MASTER10,800円10,800円3,780円ETCカード年会費:無料 新規発行手数料:1枚につき1,080円5,440円2,160円
JAL CLUB EST CLUB-Aカード(TOKYU POINT ClubQ)10,800円10,800円3,780円ETCカード年会費:無料 新規発行手数料:1枚につき1,080円5,440円2,160円
JAL CLUB EST CLUB-Aカード(OPクレジット)10,800円10,800円3,780円無料5,440円2,160円
JAL CLUB EST CLUB-Aカード(Suica)10,800円10,800円取り扱いなしビューETCカード年会費:515円5,440円取り扱いなし
初年度年会費2年目以降年会費家族カード年会費ETCカードJAL CLUB EST年会費JAL CLUB EST年会費(家族会員)
JAL CLUB EST CLUB-Aゴールドカード(JCB)17,280円17,280円無料8,640円2,160円2,160円
JAL CLUB EST CLUB-Aゴールドカード(VISA/MASTER17,280円17,280円3,780円ETCカード年会費:無料 新規発行手数料:1枚につき1,080円2,160円2,160円
JAL CLUB EST CLUB-Aゴールドカード(TOKYU POINT ClubQ)17,280円17,280円8,640円ETCカード年会費:無料 新規発行手数料:1枚につき1,080円2,160円2,160円
JAL CLUB EST CLUB-Aゴールドカード(OPクレジット)17,280円17,280円8,640円無料2,160円2,160円
JAL CLUB EST CLUB-Aゴールドカード(アメックス)20,520円20,520円8,640円無料2,160円2,160円
JAL CLUB EST CLUB-Aゴールドカード(ダイナース)30,240円30,240円9,720円無料2,160円2,160円
初年度年会費2年目以降年会費家族カード年会費ETCカードJAL CLUB EST年会費JAL CLUB EST年会費(家族会員)
JAL CLUB EST プラチナJAL アメリカン・エキスプレス®・カード33,480円33,480円16,740円無料2,160円2,160円
JAL CLUB EST プラチナJAL・JCBカード33,480円33,480円16,740円無料2,160円2,160円
JAL CLUB ESTカードはカード年会費の他にJAL CLUB EST年会費が別途かかります。JAL CLUB EST年会費の中には、JALショッピングマイルプレミアムの料金も含まれています。
JALショッピングマイルプレミアムは、通常3,240円の年会費がかかりますが、JAL CLUB ESTでは無料になっています。JAL CLUB ESTカードは、JALショッピングマイルプレミアムに自動入会になっています。

電子マネー対応表

JAL CLUB EST 普通カード(JCB)JAL CLUB EST 普通カード(VISA/MASTER)JAL CLUB EST 普通カード(OPクレジット)JAL CLUB EST 普通カード(TOKYU POINT ClubQ)JAL CLUB EST 普通カード(Suica)JAL CLUB EST 普通カード (AMEX)
Suicaオートチャージ
PASMOオートチャージ
JMB WAONクレジットチャージ
JAL CLUB EST CLUBーAカード(JCB)JAL CLUB EST CLUBーAカード(VISA/MASTER)JAL CLUB EST CLUBーAカード(OPクレジット)JAL CLUB EST CLUBーAカード(TOKYU POINT ClubQ)JAL CLUB EST CLUBーAカード(Suica)
Suicaオートチャージ
PASMOオートチャージ
JMB WAONクレジットチャージ
JAL CLUB EST CLUB Aゴールド(JCB)JAL CLUB EST CLUB Aゴールド(VISA/MASTER)JAL CLUB EST CLUB Aゴールド(OPクレジット)JAL CLUB EST CLUB Aゴールド(TOKYU POINT ClubQ)JAL CLUB EST CLUB Aゴールド(ダイナース)JAL CLUB EST CLUB Aゴールド(AMEX)
Suicaオートチャージ
PASMOオートチャージ
JMB WAONクレジットチャージ
JAL CLUB EST プラチナJAL・JCBカードJAL CLUB EST プラチナJAL アメリカン・エキスプレス®・カード
Suicaオートチャージ
PASMOオートチャージ
JMB WAONクレジットチャージ

当サイトおすすめJALカードまとめ

Cf r top

JAL普通カードTOKYU POINT ClubQは、初年度年会費無料です。PASMO、WAONのチャージでマイルが貯まります。TOKYUポイント加盟店(東急ストア、東急ハンズなど)で利用すると、TOKYUポイントが貯まり、こちらもJALマイレージに交換できます(2,000ポイント=1,000JALマイル)
カード名年会費1年目年会費2年目マイレージ還元率電子マネー
JAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)無料2,160円0.5%〜1%PASMO
WAON

Cf a top

「JAL普通カードTOKYU POINT ClubQよりも、搭乗時にもらえるボーナスマイルと旅行保険を充実させた1枚です。ビジネスクラスチェックインカウンターが利用できます。PASMO、WAONのチャージでJALマイルが貯まります。
カード名年会費1年目年会費2年目マイレージ還元率電子マネー
JAL CLUB Aカード(TOKYU POINT ClubQ)10,800円10,800円0.5%〜1%PASMO
WAON
Cf g sas
CLUBーAゴールドカードアメックスは、年会費が他のゴールドカードより高い分、マイルがより多く貯まります。アドオンマイルといって、JALグループの対象商品(ツアー含む)を購入する際に、通常のショッピングマイルに加えてプラスしてマイルがもらえます。100円=3マイルの計算でどんどんマイルが貯まります。これは、ゴールドカードの中でアメックスだけです。(他のゴールド・カードは100円=2マイル)
カード名年会費1年目年会費2年目マイレージ還元率電子マネー
JAL CLUB Aゴールド・カード
JALアメリカン・エキスプレス®・カード
20,520円20,520円1%(アドオンマイル2%)

Cf p jcb

JALカードの中で最上級のカード。アドオンマイルで最大100円=4マイルの高還元率を誇ります。海外旅行保険も充実しています。JALマイルが1番貯まるカードはこのカードで間違いありません。
カード名年会費1年目年会費2年目マイレージ還元率電子マネー
プラチナJAL・JCBカード33,480円33,480円1%(アドオンマイル3%)WAON

Cf n jcb

学生ならJAL Naviカードで決まりです。在学中の年会費はずっと無料で、マイル還元率も1%とお得です。JCBなら、WAONチャージでJALマイレージを貯める事ができます。
カード名年会費1年目年会費2年目マイレージ還元率電子マネー
JAL naviカード(JCB)在学中無料在学中無料1%WAON

以上です。何かJALマイレージについてわからない事があれば、気軽にコメント欄で質問してください。可能な限りお答えします。コメント欄は記事の1番下にあります。

こちらも合わせてどうぞ


コメントを残す

関連記事

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しなが仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

詳しいプロフィールはこちら>>>

feedly

follow us in feedly