新着ビジネスクラス搭乗記

JALグローバルクラブ(JGC)修行とは? JGCカードの種類とメリットを紹介

2年前くらいから、毎月のように飛行機に乗るようになりました。僕は飛行機恐怖症で、飛行機が苦手です。なるだけストレスのない快適な旅にできるように日々模索しています。海外出張も、回数が増えると移動手段や宿泊先を選ぶ事にも刺激が少なくなってきます。

なので、飛行機に乗る事やホテルに宿泊する事もなるだけ楽しめるようにしたいと思うようになりました。色々な理由がありますが、今年から移動手段、ホテルにもゲーム感覚を取り入れようと思い、航空会社の上級会員、ホテルの上級会員を目指す事に決めました。

JALの上級会員JGCとは?

日本だけでなく、世界中の航空会社が独自のマイレージサービスを持っています。1年の間に飛行機に乗る事で、マイレージとは別のポイントも貯まります。そのポイント数(航空会社によって呼び名が違う)が規定額を超えると、上級会員として翌年はその航空会社の「上級会員」として優遇してもらえます。

基本的に上級会員になると、ビジネスクラスの乗客と同じようなサービスが受けられます。どんな特典があるかは、後で詳しく記述します。

通常「上級会員」でいられるのは1年間だけなのですが、JALとANAは一度上級会員になって、航空会社のクレジットカードに入会し、更新料を払い続ける事で永遠に上級会員でいる事ができます。

JALとANAのどちらの上級会員になるか?と考えた時に僕の場合は、沖縄の離島に行く事も多いのでJALを選択しました。

※沖縄の小さな離島は、琉球エアーコミュニケーターというJAL系列の航空会社が就航しているため。

JALの場合、上級会員=JALグローバルクラブ(JGC)会員のことです。では、その詳しい特典内容と、JGC会員になるための方法を下記でご紹介します。

JAL GLOBAL CLUBのメリットと特典

JGC最大のメリットは空港での待ち時間を大幅に減らせる事だと個人的には思っています。まずはチェックインカウンター。JGCは専用カウンターでチェックインをする事ができます。

チェックイン後も成田空港、羽田空港ではJGCメンバーだと、優先レーンを使って保安検査を抜ける事ができます。ビジネスクラス専用のラウンジも使う事ができます。

飛行機にも優先搭乗できますし、手荷物を預けていれば優先引き渡しもしてくれます。

JAL便だけでなくワンワールドの加盟航空会社(例えばキャセイパシフィック航空やカタール航空、アメリカン航空など)に乗る時も、同じような待遇を受ける事ができます。

国際線、国内線利用時の共通サービス

  • 空港内のサクララウンジ等の利用
  • 優先空席待ち
  • 会員専用予約フリーダイヤル(国際線、国内線別)
  • ボーナスマイルの付与 (+35%)
  • 手荷物の+20kg サービス(個数制限制の路線では+2個)
  • 毎年初回搭乗時のボーナスマイル(マイレージ積算対象運賃での搭乗時に3000マイル)

国際線利用時のサービス

  • 優先搭乗(ビジネスクラス乗客と同時 JGP(プレミア)あるいはダイヤモンドの場合はファーストクラス乗客と同時)
  • チェックイン時のファーストクラスカウンター利用(但し、成田国際空港および関西国際空港では、ファーストクラスカウンターは利用できず、JGCカウンターの利用となる)
  • 手荷物の優先引渡し(グローバルクラブ・プライオリティ)サービス
  • 国内線利用時のサービス

国内線利用時のサービス

  • 優先搭乗
  • チェックイン時のJGCカウンター利用
  • 手荷物の優先引渡しサービス
  • 事前指定可能席の拡大(足元の広い非常口座席やクラスJを普通席として開放する便の当該座席等を事前指定可能。JGC専用席とも呼ばれている)
  • 羽田空港、伊丹空港、福岡空港、新千歳空港での専用検査場の利用
  • バーゲンフェアおよび先得、スーパー先得の先行受付(受付開始時刻が前倒しされ優先受付可能)

その他のJALマイルがたまる割引、優待サービス

ホテルでの優待サービス

ニッコーホテルズ・インターナショナルグループ、JALホテルズでの割引サービスや、アーリー、レイトチェックイン、レストランでの割引サービスもあります。事前に予約などが必要なので確認が必要です。

東急ホテルでは、JGCステイプランがあり、正規料金から最大50%オフで泊まることが出来ます。こちらも電話での予約が必要です。

ミーティングルーム、ラウンジバーの利用

全国各地のミーティングルーム、ラウンジ、バーが利用できたり、割引が受けられます。

レンタカー割引

エイビスレンタカー、ハーツレンタカーが割引で利用できます。
ハーツレンタカーは、ハーツGoldプラス・リワーズに無料で入会でき、特別なサービスが受けられます。

JALのショッピングサイトでの優待

JALのショッピングサイトで、さまざまな旅に役立つ商品や、JALオリジナルの商品が10%オフで利用できます。マイルも貯まります。

メガロス恵比寿での優待サービス

パーソナルトレーニングを主体としたフィットネスです。JGC会員限定価格や、入会金割引、マイル積算サービスがあります。

新羅免税店でのプレゼント

ソウルにある新羅免税店で、本人のJGCになるにはカード、FLY ONステイタスカードとパスポートを提示すると、10,000ウォン分のプリペイドカードがもらえます。

僕もJGCの会員になっています。JGC会員になるために僕が取った方法を下記でご紹介します。

JGC会員になる方法

先ほどマイレージとは別のポイントという言い方をしましたが、JALではこのポイントを 「FLY ONポイント」と呼びます。このポイントが50,000以上貯まると、晴れてJGCになる事ができます。

基本的にはファーストクラス、ビジネスクラスに乗り、より長い路線を乗った方がFLY ON ポイントは貯まるのですが、短い距離(例えば那覇-離島間)を頻繁に利用する人のために、回数によって上級会員になる事もできます。この場合50回以上の搭乗でJGCになる事ができます。

JGC修行とは?

上級会員になるために、目的地に用事があるわけではないけれど、搭乗を重ねる人たちは巷で修行僧と呼ばれています。

※以前はANAも搭乗回数50以上で上級会員になれたのですが、今は廃止されています。

1~12月の12ヵ月間にJALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便にJMBのマイル積算対象運賃のご搭乗で積算される「FLY ON ポイント」が50,000FLY ONポイント(うちJALグループ便25,000FLY ONポイント)以上、または50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FLY ONポイント以上のご搭乗実績があること。

FLY ON POINTとは?

例えば羽田-那覇(往復)の普通運賃の航空券で購入した場合、5128LY ON ポイントが貯まります。単純に計算すると、羽田-那覇間を約10回往復すればJALの上級会員になる事ができます。もちろん、国内線だけでなく、国際線(にワンワールド アライアンス加盟航空会社便)でもFLY ONポイントが貯まります。

路線によるFLY ON POINTの計算ツールがあります。

https://www.jal.co.jp/cgi-bin/jal/milesearch/save/flt_mile_save.cgi

管理人のJGC取得までの道のり

下記の表は管理人の2016年の旅程です。FLY ON POINTを取得したものをまとめました。

日付内容FLY ON
16/01/01CX0925HONG KONG-CEBU1,325
16/01/07CX0922CEBU-HONGKONG1,325
16/01/07CX400HONG KONG-TAIPEI639
16/01/08JL0816TAIPEI-OSAKAY1,196
16/01/31JALカード初回搭乗FLYONポイント5,000
16/02/01JL2087伊丹-沖縄Y1,878
16/02/03JL0906沖縄-羽田Y2,368
16/02/04JL0735TOKYO-HONG KONGY1,767
16/02/06JL7054HONG KONG-OSAKAY1,561
16/02/19JL0106伊丹-羽田Y960
16/02/20JL0119羽田-伊丹Y420
16/04/22りそなスマート口座特典ボーナスポイント1000
16/06/06CX0748JOHANNESBURG-HONG KONG8,301
16/07/10CX0695HONG KONG-DELHI2,910
16/07/14JL0740DELHI-TOKYOC7,255
16/07/17JL0121羽田-伊丹J1,016
16/07/25JL0707TOKYO-BANGKOKC5,779
16/07/25JL0116伊丹-羽田Y280
16/07/30JL0708BANGKOK-TOKYOC5,779
合計
50759

JGCになるためのJALカード

総括すると、JALで上級待遇を受け続けるためには、1年間の搭乗実績またはFLY ON POINTと、指定されたJALカードを持つことが必要です。
JALカードを持たないと、サファイア上級待遇は1年のみになってしまいます。

指定されているJALカードは、

CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナカードです。

これらのJALカードは、搭乗実績もしくはFLY ON POINTが貯まり、サファイヤ会員になってから申し込むこともできますが、先に申し込んでおくことをオススメします。

先にJALカードを申し込んでおくと、初回搭乗時にFLY ON POINTが貯まる

現在のキャンペーンでは、初回搭乗時に通常のFLY ON POINTに加え、5000ポイント付与されるので、そのぶんサファイア会員になるには45,000FOPが必要で、近道になります。

CLUB-Aカードには審査がある

もし、サファイア会員そしてJGC会員を目指して搭乗実績とFLY ON POINTを貯めていても、CLUB-Aカード以上のJALカードの審査に落ちると、1年間しか上級待遇が受けられません。

はじめからCLUBーAカード以上のランクのカードを申し込んでおくと、あとでJGCの会員になったときにそのまま切り替えるだけで済みます。

普通カードではなくCLUBーA以上のカードを

JALの上級会員になるために搭乗を考えている人なら、ぜひCLUBーA以上のカードを持つことをオススメします。

普通カードでも初回搭乗時のFLY ON POINTはもらえますが、JGCの会員になるためにはCLUBーA以上のカードが必要なことと、マイル換算率を考えると、ランクが上位のカードをはじめから持っておくのがいいと思います。

CLUB-A以上のカードの詳細は比較してランキング形式にしています。


コメントを残す

関連記事

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しなが仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

詳しいプロフィールはこちら>>>