新着ビジネスクラス搭乗記

ガルーダ・インドネシア航空 (GA888便) ジャカルタ- 関空 A330-200

ガルーダ・インドネシア航空 (GA869便) バンコク- ジャカルタ 737-800」からの乗り継ぎです。インドネシア・ジャカルタから関西国際空港に向かいます。

羽田-ジャカルタでB777-300ERに乗って、帰りはジャカルタ-関空でA330-200に乗って2つの機材を楽しむつもりが、行きで機材変更があり行き帰りともA330-200に乗る事となりました(涙)
機内WiFiのサービスはありませんでした。

スカルノ・ハッタ国際空港

MUTIARA LOUNGE

前回来た時は、ガルーダ・インドネシア航空専用のラウンジを使ったので今度はプライオリティ・パスが使える「MUTIARA Lounge」を使いました。プライオリティ・パスと搭乗券を見せて、チェックインします。

無料WiFiもあります。両方のラウンジを利用しましたが、ガルーダ・インドネシア航空専用のラウンジがオススメです。シャワーもありますし、施設が新しくてキレイです。

ラウンジはもう1つあり、こちらはシティーバンクのカードホルダー専用のラウンジになっています。

ジャカルタ プライオリティ・パス

プライオリティ・パス

ガルーダ・インドネシア航空 ビジネスクラス

ガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラス
座席数36席
シート配列2-2-2
シートピッチ188cm
リクライニング180度フルフラットシート

ガルーダ・インドネシア航空

ボーディングタイムになりました。今回もバスで飛行機まで向かいます。夜中のフライトなので、既に眠いです。

ガルーダ・インドネシア航空 ビジネスクラス

アメニティは行きと同様です。LOCCITANE(ロクシタン)です。リップクリームや歯ブラシ、ボディークリームが入っていました。JALのビジネスクラス(短・中距離)でも、アメニティの提供はありますが、ガルーダ・インドネシアのアメニティの方が断然良いですね。

ガルーダ・インドネシア航空 アメニティ

アメニティ

ビジネスクラスの搭乗率は50%くらいでした。今回も隣席は空いてました。やったー。ウェルカムドリンクは、オレンジジュースを頂きました。

オレンジジュース

ガルーダ・インドネシア航空

iPhoneの充電が切れていたので、CAさんに充電器があるか?尋ねると、すぐに持ってきてくれました。離陸後にシートベルト着用サインが消えたら、使えるよ!と教えてもらいました。
パソコンも充電できます。

充電器

機内食その1

定刻通りジャカルタを飛び立ちました。すぐに軽食のオーダーを取りに来ました。海老の天ぷらうどんをチョイス。バンコクではタイ料理ばっかりだったので、日本食が恋しいです。

でもやっぱりガルーダ・インドネシア航空の和食は微妙でした・・(涙)やはり機内食は今のところキャセイパシフィック航空エミレーツ航空のアラブ料理がダントツで美味しかったです。

海老の天ぷらうどん

ガルーダ・インドネシア航空 海老の天ぷらうどん

軽食後はリクライニングを180度倒して、フルフラットにして寝ました。僕は身長175cmですが、足元も広々です。

フルフラットシート

ガルーダ・インドネシア航空 フルフラットシート

機内食その2

着陸2時間前に、2回目の機内食のために目覚めました。和食は微妙と知りつつも、また和食を選びました(笑)

<和食>

茶碗蒸し

鮭の塩焼き

お漬物

ご飯

味噌汁

新鮮なフルーツ

ガルーダ・インドネシア航空 機内食

ガルーダ・インドネシア航空 和食

和食

ご飯を食べて、映画を1本観たら関西国際空港へ向けて最終着陸体制に入りました。6時間50分と長いフライトでしたが、フルフラットシートのお陰で降機後もあまり疲れなかったです。

関西国際空港

これでガルーダ・インドネシア航空のビジネスクラス搭乗記が終了します。次は大韓航空のプレステージクラスで、フィリピンのセブ島まで行ってきます。

▼他のガルーダ・インドネシアのビジネスクラス搭乗記一覧を見てみる

便名:GA888便
行き先:スカルノ・ハッタ国際空港(CGK)関西国際空港(KIX)
時間:23:25-08:15(6時間50分)
クラス:ビジネスクラス(D)
シート:11K
機材:A330-200
マイル積算:ANA125%、DL125%

スカイチームの上級会員に即なる方法

ガルーダ・インドネシア航空は、スカイチームに属しています。日本在住の方は、スカイチームの上級会員に即なる方法があります。エコノミークラスの利用でも、スカイチームに搭乗する時は、ビジネスクラス専用カウンター、優先レーンが使えます。

ビジネスクラス搭乗記」の読者の方は、既にこの方法を知ってる人もいるかもしれませんが、改めて解説させてください。


コメントを残す

関連記事

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しなが仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

詳しいプロフィールはこちら>>>