新着ビジネスクラス搭乗記

ガルーダ・インドネシア航空 (GA869便) バンコク- ジャカルタ 737-800

バンコク出張が終わり、帰国です。行きと同様にスワンナプーム空港からジャカルタ経由です。最後の仕事がスワンナプーム空港から近くだったので、タクシーで空港まで向かいます。バンコクはタクシーが安いので、快適です。

バンコクからジャカルタの飛行時間は、3時間35分です。機材はB737-800NGでした。

スワンナプーム空港

スワンナプーム空港

SKY PRIORITY

Sky Priortyとビジネスクラス専用のチェックインカウンターでチェックインします。チェックインをしていると、ジャカルタからバンコクに来た時には貰えなかったプレミアムレーンのクーポンをもらう事ができました。

一緒に同じスカイチームの「エールフランス」のラウンジクーポンも頂きました↓

スワンナプーム空港 プレミアムレーン

プレミアムレーン

プレミアムレーンクーポンのお陰で並ばずに、荷物検査と出国審査が出来ます。スワンナプーム空港は混みあうので、プレミアムレーンが使えると楽ちんですねー。

プレミアムレーン

スワンナプーム空港

スワンナプーム バンコク

エールフランスラウンジ

出国審査を無事終えたので、エールフランスのラウンジに向かいます。

エールフランス ラウンジ

バンコク 空港 ラウンジ

エールフランス ラウンジ

エールフランス

エールフランス ラウンジ アルコール

軽食

機内食も出るので、何も食べずコーヒーを飲みながら、たまっていたメールの返信をしていました。無料WiFiもあるので、係員にパスワードを聞いてください。

ラウンジ コーヒー

ガルーダ・インドネシア航空 B737-800NG

短距離用の小さい飛行機です。ビジネスクラス(エグゼクティブクラス)は12席のみしかありません。

12席

隣にはタイ航空のA380が待機しています。CAさんがウェルカムドリンクの注文を取りに来ました。今回はオレンジジュースをチョイスしました。

タイ航空 A380

The economist

間もなくドアクローズして、定刻通りバンコク・スワンナプーム空港を旅立ちました。乾季なので天気も良く、飛行機も全く揺れずに、離陸しました。飛行機恐怖症としては、嬉しい限り♪

ガルーダ・インドネシア航空 ビジネスクラス機内食

ガルーダ・インドネシア航空 ビジネスクラス 機内食

<前菜>

ミックスグリーンサラダ、バルサミコ酢

<メインディッシュ>

インドネシアアンスタイルの牛肉
ライス
キャロット、ピーマン

<デザート>
ストロベリーチーズケーキ

インドネシアンスタイルの牛肉はやっぱり美味しいですね。行きに食べて美味しかったので、帰りも同じものを頂きました。

ガルーダ・インドネシア航空 機内食

インドネシア料理 ガルーダ・インドネシア航空

ご飯を食べた後は、映画を観ていたらあっという間にインドネシアのスカルノ・ハッタ国際空港に到着しました。この後は乗り継ぎで、関空まで向かいます。

乗り継ぎ時間が2時間あるので、ラウンジで少し休憩する事にします。

▼他のガルーダ・インドネシアのビジネスクラス搭乗記一覧を見てみる

便名:GA869便
行き先:スワンナプーム空港(BKK)スカルノ・ハッタ国際空港(CGK)
時間:17:20-20:55(3時間35分)
クラス:ビジネスクラス(D)
シート:6K
機材:B737-800NG
マイル積算:ANA125%、DL125%

スカイチームの上級会員に即なる方法

ガルーダ・インドネシア航空は、スカイチームに属しています。日本在住の方は、スカイチームの上級会員に即なる方法があります。エコノミークラスの利用でも、スカイチームに搭乗する時は、ビジネスクラス専用カウンター、優先レーンが使えます。

ビジネスクラス搭乗記」の読者の方は、既にこの方法を知ってる人もいるかもしれませんが、改めて解説させてください。


コメントを残す

関連記事

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しなが仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

詳しいプロフィールはこちら>>>