新着ビジネスクラス搭乗記

CTBC ANAプレシャスカード(台湾在住者向け)の特典とデメリット

台湾在住者向け「CTBC ANAプレシャスカード」の区分は、ANA一般カードの2ランク上のワイドゴールドカードと同等になります。ビジネスクラス専用チェックインが出来ることが最大の特徴で、ANA一般カードよりもマイルが貯まりやすいのもメリットです。

CTBC ANAプレシャスカードの年会費は初年度からかかりますが、その分ボーナスマイルが一般カードと比べ2倍(2,000マイル)、搭乗時のボーナスマイル積算率が2.5倍(25%)になります。そのほか空港でのサービスやカードラウンジの利用特典、優待割引率が上がりお得です。

ANAマイレージクラブ、台湾のIC乗車券「悠遊カード」、JCB、そしてJCBのIC決済サービス「J/Speedy」が標準搭載されたカードです。

ANAワイドゴールドカード全てを比較したい方は、ANA ワイドゴールドカードを徹底比較 【おすすめ・ランキング】 | ビジネスクラス搭乗記.COMを、お読みください。

ctbc_ana_precious-1
CTBC ANAプレシャスカードは35台湾ドルごとに1ポイント=1マイル貯まり、ANAのマイルへ移行ができます(移行条件は100ポイント以上から)。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
CTBC ANAプレシャスカード2,000台湾ドル2,000台湾ドル25%悠遊カード
カードのお申込みはこちら >

CTBC ANAプレシャスカードボーナスマイル

ANA一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカードには継続時のボーナスマイルが設定されていますが、CTBC ANAプレシャスカードには設定されていません。

ご入会時ボーナス2,000マイル
ご搭乗時ボーナスマイル区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%

CTBC ANAプレシャスカードの年会費

年会費1年目2,000台湾ドル
年会費2年目2,000台湾ドル
家族カード年会費1,000台湾ドル(初年度は無料)

電子マネー

悠遊カード

CTBC ANAプラチナカードは悠遊カードご利用が可能です。

◆悠遊カード

台湾の交通ICカードです。台北MRT、台北市内バス、高速バス、台湾鉄路管理局路線、コンビニなどで利用出来る非接触ICカードです。

旅行保険は自動付帯

CTBC ANAプレシャスカードは、旅行回数、利用航空会社を関係なしで、海外旅行保険、国内旅行保険共に適用になります。カードで航空券を決済しなくても、持っているだけで旅行保険は自動付帯します。カードを利用しないと適用されない保険(利用付帯)が多いので、ここはCTBC ANAプレシャスカードのお得なポイントです。

高額海外旅行保険で5,000万台湾ドルの保険がつきます。その他旅行障害保険として航空機遅延、受託手荷物遅延、遺失、ハイジャック保険などがあります。

CTBC(中國信託商業銀行)
日本語 02-2171-1731
営業時間 月~金 9:00~17:30<台湾時間>
Eメール ba.cardcsc@ctbcbank.com (日本語対応のみ)

CTBC ANAプラチナカードのメリットと特典

ビジネス専用チェックインが付く

一般カードには無く、ワイドゴールドカードにあるサービスになります。
ANA国際線エコノミークラス利用時、ビジネスクラスカウンターの利用が出来ます。

提携ホテル・レンタカー特典

提携ホテル宿泊割引、レンタカー割引の2つは一般カードでも付いてくる特典です。ワイドゴールドカード会員の場合はこれにIHG・ANA・ホテルズグループジャパン朝食無料&ウェルカムドリンク(国内)の特典が追加されます。

会員ご優待割引、サービスがたくさん

  • 機内販売10%OFF
  • ANA FESTA 10%OFF
  • astyle 5%OFF
  • 旅行商品5%OFF
  • ビジネス公開講座 15%OFF
  • 空港免税店 10%OFF

上記の割引特典が付いてきます。空港免税店のパーセント率は一般カードの2倍になっています。

クレジットカードポイント移行

台湾をはじめ、日本や世界中のJCB加盟店でカード決済をすると35台湾ドルにつき1ポイント(1マイル)貯まり、マイルへの移行は100ポイント以上貯まったら出来ます。マイル移行手数料は無料です。
さらに、日本でANAカードマイルプラス提携店で利用するとCTBCポイントとは別にANAマイルが貯まります。

空港ラウンジ

CTBC ANAプレシャスカード会員のみ台北桃園国際空港ラウンジを年2回無料で利用が出来ます。
併せて日本国内の空港ラウンジ(クレジットカード会社ラウンジ。ANAラウンジは対象外)の利用が可能です。

台北の空港駐車場

CTBC ANAのそのほかのクレジットカードでCTBC ANAプラチナカードがあり、こちらも7日間無料で利用ができますが、利用回数が2回までという制限付きです。
CTBC ANAプレシャスカードは利用回数に制限なく7日間無料で利用ができます。

CTBC ANAプラチナカードのデメリット

CTBC ANAプレシャスカードはどなたでも入会できるカードというわけではなく20歳以上でROC台湾居留証を所持している台湾在住者が対象になります。
台湾のICカード搭載、台北の空港ラウンジなど台湾在住者にはメリットあるカードですが、旅行、仕事などで訪れるという方には向かないカードです。

ctbc_ana_precious-1
CTBC ANAプレシャスカードは35台湾ドルごとに1ポイント=1マイル貯まり、ANAのマイルへ移行ができます(移行条件は100ポイント以上から)。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
CTBC ANAプレシャスカード2,000台湾ドル2,000台湾ドル25%悠遊カード
カードのお申込みはこちら >

コメントを残す

関連記事

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しなが仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

詳しいプロフィールはこちら>>>