新着ビジネスクラス搭乗記

ANA ワイドゴールドカード(VISA/Master)特典とデメリット

ANA VISA/Master ワイドゴールドカードはビジネスクラス専用チェックインが出来ることが最大の特徴です。また、ANA一般カードよりもマイルが貯まりやすのもメリットです。
VISA/Masterの一般カード・ワイドカードではマイル移行の手数料がかかりますが(10マイルコース=6,480円(税込)/年度ごと)、ワイドゴールドカードでは無料です。

※ANAの公式では、ANA・VisaカードとANA・MasterCardは区分されていますが、サービス内容は同じなので、ここでは一緒に扱います。

ANAワイドゴールドカード全てを比較したい方は、ANA ワイドゴールドカードを徹底比較 【おすすめ・ランキング】をお読みください。

ana_wide-gold-card

ANA VISA/Master ワイドゴールドカードは旅行に役立つ優待サービス、会員限定割引がたくさんあります。ANAグループ便に搭乗する度に割増ボーナスマイルが貯まります。VISA/Mastercardは日本国内はもとより、世界中で使える決済に特化したブランドです。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANA VISA/Master ワイドゴールドカード14,000円+税14,000円+税25%iD(NTTドコモ)
楽天Edy
PiTaPa
カードのお申込みはこちら >

ANA VISA/Master ワイドゴールドカードボーナスマイル

ご入会時ボーナス+2,000マイル
毎年のカード継続時ボーナスマイル+2,000マイル
ご搭乗時ボーナスマイル区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%

ANA VISA/Master ワイドゴールドカードの年会費

年会費1年目14,000円+税
年会費2年目14,000円+税
家族カード年会費4,000円+税
ETCカード年会費500円+税(初年度無料)
三井住友iD年会費無料
PiTaPaカード年会費無料

電子マネー

iD(NTTドコモ)
楽天Edy
PiTaPa

ANA VISA/Master ワイドゴールドカードはiD(NTTドコモ)、楽天Edy、PiTaPaのご利用が可能です。

◆iD(NTTドコモ)

ポストペイ(後払い式)の電子マネーです。
iDの利用でワールドプレゼントポイントが貯まります。貯まったポイントはマイルに移行できます。
ANAカードマイルプラス加盟店でiDを利用すると、ワールドプレゼントとは別でマイルが貯まります。

◆楽天Edy

お買い物の際にEdyでお支払いいただくと200円(税込)を1マイルが貯まります。
貯まったマイルはEdyに交換できます。

◆PiTaPa

ポストペイ(後払い式)の電子マネーです。
電車・バスのご利用状況に応じて割引サービスを受けることができます。
PiTaPaのご利用で「ショップdeポイント」が貯まり、マイルと相互交換できます。

旅行保険は自動付帯

ANA VISA/Master ワイドゴールドカードは、旅行回数、利用航空会社を関係なしで、海外旅行保険、国内旅行保険共に適用になります。カードで航空券を決済しなくても、持っているだけで旅行保険は自動付帯します。カードを利用しないと適用されない保険(利用付帯)が多いので、ここはANA VISA/Master ワイドゴールドカードのお得なポイントです。

海外旅行保険

ANA VISA/Master ワイドゴールドカード
傷害死亡/後遺障害本会員/家族会員5,000万円
家族特約1,000万円
傷害治療費用本会員/家族会員1回の事故につき150万円限度
家族特約1回の事故につき50万円限度
疾病治療費用本会員/家族会員1回の病気につき150万円限度
家族特約1回の病気につき50万円限度
賠償責任本会員/家族会員1回の事故につき3,000万円
家族特約1回の事故につき1,000万円限度
携行品損害本会員/家族会員50万円
家族特約1回の事故につき15万円限度
救援車費用等本会員/家族会員100万円限度
家族特約 50万円限度
VJ 保険デスク(三井住友海上)
■国内から
0120-658811(無料)
■海外から
81-18- 888-9225
(オペレーターを通して、コレクトコールをお申し込みください。)
受付時間/日本時間 9:15~17:00 年中無休
※ご連絡の際は、カードをお手元にご用意ください。

国内旅行傷害保険

ANA VISA/Master ワイドゴールドカード
傷害死亡/後遺障害5,000万円
傷害入院日額5,000円
傷害手術最高20万円
傷害通院日額 2,000円

国内航空傷害保険

ANA VISA/Master ワイドゴールドカード
死亡5,000万円
後遺障害150万円〜5,000万円
入院日額10,000円
手術10万円〜40万円
通院日額2,000円
VJ 保険デスク(三井住友海上)
■国内から
0120-658811(無料)
■海外から
81-18- 888-9225
(オペレーターを通して、コレクトコールをお申し込みください。)
受付時間/日本時間 9:15~17:00 年中無休
※ご連絡の際は、カードをお手元にご用意ください。

ANA VISA/Master ワイドゴールドカードのメリットと特典

電子マネー「iD」・「楽天Edy」搭載

「クレジット機能」・「ANAマイル」・「三井住友カード iD」・「楽天Edy」の4つの機能が1枚になったカードです。

マイルがどんどん貯まる

ANAグループ便に搭乗する度に、通常フライトマイルに加え、割り増しボーナスマイルが貯まります。

ポイントはマイルに移行可能/ANAマイル移行

ショッピングやお食事などANAカードのお支払いで貯まったワールドプレゼントのポイントを、マイルに移行できます。
さらに、ANAカードマイルプラス提携店・対象商品をご利用の際、ANAカードでお支払いただくとワールドプレゼントのポイントの移行分とは別に、100円=1マイルまたは200円=1マイルが貯まります。

またANAのマイル移行サービスでは一般カード、ワイドカードでも使用できるサービスで、10マイルコース(1ポイント=10マイル)の移行手数料は6,000円+税(年度ごと)になります。
ワイドゴールドカードの同じコースは移行手数料が無料になりお得です。

ビジネス専用チェックインが付く

一般カードには無く、ワイドゴールドカードにあるサービスになります。
ANA国際線エコノミークラス利用時、ビジネスクラスカウンターの利用が出来ます。

会員優待割引がたくさん

  • 機内販売10%OFF
  • ANA FESTA 10%OFF
  • astyle 5%OFF
  • 旅行商品5%OFF
  • ビジネス公開講座 15%OFF
  • 空港免税店 10%OFF

上記の割引特典が付いてきます。空港免税店のパーセント率は一般カードの2倍になっています。

提携ホテル・レンタカー特典

提携ホテル宿泊割引、レンタカー割引の2つは一般カードでも付いてくる特典です。ワイドカード会員の場合はこれに提携ホテル朝食・ウェルカムドリンクの特典が追加されます。

中国への出張や旅行に便利

中国で最もよく使われるカードが「銀聯カード」です。その銀聯カードが追加可能カードになっています。
中国の大都市から地方都市まで約1,700万店にのぼる中国銀聯加盟店でご利用できます。

お子さまのご利用分もマイルとして貯まる

ANAカード会員の13歳以上のお子さまを対象とした「ANA VISAプリぺイドカード<チャージ限定型>」の申込みができます。
月間利用1,000円(含む消費税など)につき5マイルが貯まります。

年会費割引特典

カードご利用代金WEB明細書サービスを利用、マイ・ペイすリボへの登録することで年会費割引特典が使えます。

ゴールドカード特典

空港ラウンジサービス、ゴールドデスクの利用が出来ます。

ANA VISA/Master ワイドゴールドカードのデメリット

ANA VISA/Master ワイドゴールドカードはマイルが貯まりやすい以外では、ANA一般カード(Visa/MasterCard)、ANA VISA/Master ワイドカードとほぼ同じ特典、サービス内容です。唯一目を引くサービスはマイル移行サービスの手数料が無料という点です。カードを利用し貯まったポイントをマイルへの移行を多くするのであればメリットを受けられると思いますが、そうでない場合はこのカードを選ぶ必要はないでしょう。

ana_wide-gold-card

ANA VISA/Master ワイドゴールドカードは旅行に役立つ優待サービス、会員限定割引がたくさんあります。ANAグループ便に搭乗する度に割増ボーナスマイルが貯まります。VISA/Mastercardは日本国内はもとより、世界中で使える決済に特化したブランドです。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANA VISA/Master ワイドゴールドカード14,000円+税14,000円+税25%iD(NTTドコモ)
楽天Edy
PiTaPa
カードのお申込みはこちら >

コメントを残す

関連記事

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しなが仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

詳しいプロフィールはこちら>>>