新着ビジネスクラス搭乗記

ANA ワイドゴールドカード(JCB)特典とデメリット

ANA JCBワイドカードの1ランクの上、「ANA JCBワイドゴールドカード」の紹介です。

ANA JCBワイドゴールドカードはビジネスクラス専用チェックインが出来ることが最大の特徴で、ワイドカードよりもマイルが貯まりやすいのもメリットです。

ANA JCBワイドゴールドカードの年会費は初年度からかかりますが、その分ボーナスマイルが一般カードと比べ2倍(2,000マイル)、搭乗時のボーナスマイル積載率が2.5倍(25%)になります。そのほか空港でのサービスやカードラウンジの利用特典、Edyチャージでマイルが貯まり、優待割引率が上がりお得です。

また、移行手数料は無料(一般・ワイドカードは10マイルコース=5,400円(税込)/年)と、マイルを貯めやすいです。

ANAワイドゴールドカードすべてを比較したい方は、ANA ワイドゴールドカードを徹底比較 【おすすめ・ランキング】を、お読みください。

ana_jcb_wide_g_1602

補償が充実しているJCB。コンビニやスーパーのお買い物でもポイント、マイルがたまります。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANA JCBワイドゴールドカード14,000円+税14,000円+税25%QUICKPay
楽天Edy
PiTaPa
カードのお申込みはこちら >

ANA JCBワイドゴールドカードボーナスマイル

ご入会時・ご継続時ボーナス2,000マイル
ご搭乗時ボーナスマイル区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%

ANA JCBワイドゴールドカードの年会費

年会費1年目14,000円+税
年会費2年目14,000円+税
家族カード年会費4,000円+税
ETCカード年会費500円+税(初年度無料)
PiTaPaカード年会費無料
QUICKPay無料

電子マネー

QUICKPay
楽天Edy
PiTaPa

ANA JCBワイドゴールドカードはQUICKPay、楽天Edy、PiTaPaのご利用が可能です。

◆QUICKPay

QUICKPayマークのある店でかざすだけでお支払ができます。
ご利用代金は、同時にお申し込みのANA JCBカードのご利用代金と合わせてお支払いができます。

◆楽天Edy

お買い物の際にEdyでお支払いいただくと200円(税込)を1マイルが貯まります。
貯まったマイルはEdyに交換できます。

◆PiTaPa

ポストペイ(後払い式)の電子マネーです。
電車・バスのご利用状況に応じて割引サービスを受けることができます。
PiTaPaのご利用で「ショップdeポイント」が貯まり、マイルと相互交換できます。

旅行保険は自動付帯

ANA JCBワイドゴールドカードは、旅行回数、利用航空会社を関係なしで、海外旅行保険、国内旅行保険共に適用になります。カードで航空券を決済しなくても、持っているだけで旅行保険は自動付帯します。カードを利用しないと適用されない保険(利用付帯)が多いので、ここはANA JCBワイドゴールドカードのお得なポイントです。

海外旅行保険

ANA JCBワイドゴールドカード
傷害死亡/後遺障害本会員/家族会員1億円
家族特約1,000万円
傷害治療費用本会員/家族会員1回の事故につき300万円限度
家族特約1回の事故につき200万円限度
疾病治療費用本会員/家族会員1回の病気につき300万円限度
家族特約1回の病気につき200万円限度
賠償責任本会員/家族会員1回の事故につき1億円限度
家族特約1回の事故につき2,000万円限度
携行品損害1旅行中50万円限度/保険期間中100万円限度
救援車費用等本会員/家族会員400万円限度
家族特約200万円限度
補償対象旅行期間3ヶ月
<問い合わせ窓口>
損保ジャパン日本興亜JCB事故受付デスク(JCBカード自動付帯サービス専用)
0120-258-554
  営業時間 9:00AM~5:00PM 日・祝休

国内旅行傷害保険

ANA JCBワイドゴールドカード
傷害死亡/傷害後遺障害最高5,000万円
傷害入院日額(8日以上の治療から対象)5,000円(事故日から180日限度)
傷害手術(8日以上の治療から対象)入院日額×倍率(10倍、20倍または40倍)1事故につき1回限度
傷害通院日額(8日以上の治療から対象)2,000円(事故日から180日以内90日限度)

国内航空傷害保険

ANA JCBワイドゴールドカード
傷害死亡/傷害後遺障害最高5,000万円
傷害入院日額10,000円(事故日から180日限度)
傷害手術入院日額×倍率(10倍、20倍または40倍)1事故につき1回限度
傷害通院日額2,000円(事故日から180日以内90日限度)
<問い合わせ窓口>
損保ジャパン日本興亜JCB事故受付デスク(JCBカード自動付帯サービス専用)
0120-258-554
  営業時間 9:00AM~5:00PM 日・祝休

ANA JCBワイドゴールドカードのメリットと特典

ANA QUICPay+nanaco

QUICPayにANAスキップサービス機能およびnanaco機能を搭載した「ANA QUICPay+nanaco」は、ANA JCBカードでしかお申し込みができない飛行機の翼をデザインした便利な電子マネーです。
QUICPayまたはnanacoのマークのあるお店なら小銭いらずでささっとかざすだけでお支払いができます。スピーディーにお買いものができ、さらにポイントもたまります!

JCB「Oki Dokiポイントプログラム」

ANA JCBワイドゴールドカードの毎月のご利用合計金額1,000円で1ポイント貯まり、マイルや商品に交換できる特典です。
換算率に応じて5マイルコース、10マイルコースがあります。一般カードだと移行手数料(5,000円+税)がかかりますがワイドゴールドカードは無料です。
ANAカードは、1ポイントを5マイルに無料で交換いただくことができます。

ANAカードマイルプラス

Oki Dokiポイント移行によるマイルとは別に、ANAカードマイルプラス提携店、対象商品を利用時にANA JCBカードで支払うとさらに100円=1マイルが貯まります。

ビジネス専用チェックインが付く

一般カードには無く、ワイドゴールドカードにあるサービスになります。
ANA国際線エコノミークラス利用時、ビジネスクラスカウンターの利用が出来ます。

会員ご優待割引、サービスがたくさん

  • 機内販売10%OFF
  • ANA FESTA 10%OFF
  • astyle 5%OFF
  • 旅行商品5%OFF
  • ビジネス公開講座 15%OFF
  • 空港免税店 10%OFF

上記の割引特典が付いてきます。空港免税店のパーセント率は一般カードの2倍になっています。

提携ホテル・レンタカー特典

提携ホテル宿泊割引、レンタカー割引の2つは一般カードでも付いてくる特典です。ワイドカード会員の場合はこれに提携ホテル朝食・ウェルカムドリンクの特典が追加されます。

Edy機能を搭載

楽天Edyのお支払いでマイルが貯まります。Edyチャージの場合、200円につき1マイルが自動的に積算されます。

MyJCB

登録料は無料でJCBカードの利用履歴や、利用金額の確認、利用可能金額の確認、支払い方法の変更も、Web上で簡単に行えるサービスです。
MyJCBの公式スマートフォンアプリからは簡単ログイン機能、明細グラフ表示、カードの利用状況確認、ポイント残高確認、キャンペーンへの参加登録などが行えます。

ANA JCBワイドゴールドカードのデメリット

ANA JCBワイドゴールドカードの年会費は14,000円+税です。一般カードの7倍(2,000円+税)、ワイドカードの2倍(7,000円+税)になっています。
一般カードと比べるとサービス、特典と充実したものになっています。しかし、ワイドカードと比べるとポイント移行プログラムの手数料が有料(5,000円+税)か無料かの違いなので、サービスや特典に大きな差はありません。
旅行先でのサポート、保険を重視しているので、サービスや特典を重視したいのであれば、ワイドゴールドカードを使う必要はないでしょう。

ana_jcb_wide_g_1602

補償が充実しているJCB。コンビニやスーパーのお買い物でもポイント、マイルがたまります。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANA JCBワイドゴールドカード14,000円+税14,000円+税25%QUICKPay
楽天Edy
PiTaPa
カードのお申込みはこちら >

コメントを残す

関連記事

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しなが仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

詳しいプロフィールはこちら>>>