新着ビジネスクラス搭乗記

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの特典とデメリット

通称アメックス。このカードだけ他のANA一般カードとは違った特典や補償があります。

ANA一般カード全てを比較したい方はANA 一般カードを徹底比較【おすすめ・ランキング】をお読みください。

家族がいるなら、ANA一般カードの中で1番旅行保険補償に強いアメックス。家族特約のついているのはアメックスだけ。中国へよく行くなら、中国の広い範囲で決済できる銀聯カードが作れるところもポイント。
アメックス専用ラウンジが日本全国の空港にあり、同伴者1名も無料で入れます。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANAアメリカン・エキスプレス・カード7,000円+税7,000円+税10%楽天Edy
カードのお申込みはこちら >

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ご入会時・ご継続時ボーナス1,000マイル
ご搭乗時ボーナスマイル区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの年会費

年会費1年目7,000円+税
年会費2年目7,000円+税
家族カード年会費2,500円+税

電子マネー

楽天Edy

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは楽天Edyのご利用が可能です。

◆楽天Edy

お買い物の際にEdyでお支払いいただくと200円(税込)を1マイルが貯まります。
貯まったマイルはEdyに交換できます。

旅行保険は自動付帯

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、旅行回数、利用航空会社を関係なしで、海外旅行保険、国内旅行保険共に適用になります。カードで航空券を決済しなくても、持っているだけで旅行保険は自動付帯します。カードを利用しないと適用されない保険(利用付帯)が多いので、ここはANAアメリカン・エキスプレス・カード)のお得なポイントです。

海外旅行保険

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
傷害死亡3,000万円
傷害後遺障害最高2,000万円
傷害治療費用最高100万円
疾病治療費用最高100万円
賠償責任最高3,000万円
携行品損害免責金額3千円/1旅行中最高30万円/年間限度額100万円
救援者費用保険期間中最高200万円
補償期間90日間
<海外での事故通知先>
「グローバル・ホットライン」センターにご一報ください。
グローバル・ホットライン – アメリカン・エキスプレス(アメックス)

国内旅行傷害保険

アメリカン・エキスプレス
傷害死亡2,000万円
傷害後遺障害最高2,000万円
<国内での事故通知先>
アメリカン・エキスプレス・保険ホットライン
0120-234586(通話料無料 / 9:00 ~ 17:00 /土日祝休)

(書類のご返送先/引受保険会社)
〒 163-0590 東京都新宿区西新宿 1-26-2
新宿野村ビル内郵便局私書箱 3020 号
損害保険ジャパン日本興亜株式会社

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのメリットと特典

ラウンジサービス

お手持ちのANAアメリカン・エキスプレス・カードと利用当日の搭乗券を提示すると、アメリカン・エキスプレスが提供する空港ラウンジを同伴者1名まで無料でご利用いただけます。

利用できる空港ラウンジ一覧は以下のリンク先を参照してください。
空港ラウンジ – クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

空港パーキング

空港周辺のアクセス良好な場所で、旅行中に車を安全かつ低価格で預けられます。
長期旅行はもちろん、短期旅行にも便利な空港周辺パーキングを利用できます。

詳細は以下のリンク先を参照してください。
空港パーキング – ANAアメリカン・エキスプレス・カードのトラベル – クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

クロークサービス

中部国際空港、関西国際空港のみのサービスです。
乗継便の待ち時間などに空港内手荷物預かり所にてお荷物を2個まで無料で預けられます。(当日利用のみ)

詳細は以下のリンク先を参照してください。
空港クロークサービス – ANAアメリカン・エキスプレス・カードのトラベル – クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

手荷物無料宅配サービス

成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港のみのサービスです。
海外旅行の際、帰国後に空港から自宅まで、カード会員1人につきスーツケース1個を無料で配送できます。

詳細は以下のリンク先を参照してください。
手荷物無料宅配サービス – ANAアメリカン・エキスプレス・カードのトラベル – クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

SKiPサービス

ANA国内線を利用の場合、事前にスキップ予約(予約・購入・座席指定)を済ませておけば、空港での搭乗手続きが不要になります。

出発当日は搭乗手続きカウンターに立ち寄ることなく、出発保安検査場と搭乗口で「ANAアメリカン・エキスプレス提携カード」をタッチするだけで通れます。

詳細は以下のリンク先を参照してください。
ANA国内線の搭乗スタイル「スキップサービス」|ご旅行の準備[国内線]|ANA

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのデメリット

ANAアメリカン・エキスプレス・カードを選ぶ上でのデメリットは、やはり年会費(7,000円+税)でしょう。ほかの一般カードより多くの費用がかかります。

しかし、補償内容が本人だけでなく家族特約もあり、かなり充実しています。またラウンジ(通常1,000円程度)に同伴者1名まで無料で入れることや、アメックスの優待制度の充実を考えると、年会費がかかるのもうなずけます。

家族がいるなら、ANA一般カードの中で1番旅行保険補償に強いアメックス。家族特約のついているのはアメックスだけ。中国へよく行くなら、中国の広い範囲で決済できる銀聯カードが作れるところもポイント。
アメックス専用ラウンジが日本全国の空港にあり、同伴者1名も無料で入れます。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANAアメリカン・エキスプレス・カード7,000円+税7,000円+税10%楽天Edy
カードのお申込みはこちら >

コメントを残す

関連記事

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しなが仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

詳しいプロフィールはこちら>>>