新着ビジネスクラス搭乗記

ANA ダイナースカード 特典とデメリット

ANA一般カードの2ランクの上の「ANA ダイナースカード「(ワイドゴールドカードに分類されます)は、ビジネスクラス専用チェックインが出来ることが最大の特徴です。また、ANA一般カードよりもマイルが貯まりやすいのもメリットです。

制限なく貯まるポイントを制限なくマイルに移行出来たり、あらゆるシーン(入会、継続、ANAグループ便搭乗、区間基本マイレージの25%のボーナスマイル、Edyチャージ)でマイルが貯まります。優待サービスもいろいろとあり一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカードの中で特典が多いカードです。

ANAワイドゴールドカード全てを比較したい方は、ANA ワイドゴールドカードを徹底比較 【おすすめ・ランキング】 | ビジネスクラス搭乗記.COMを、お読みください。

ana_diners

Edyチャージでマイルが貯まり、カード利用でダイナースクラブリワードポイントでも貯まります。さらに貯まったマイルは航空券に、ポイントはマイルへ交換が出来ます。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANA ダイナースカード27,000円+税27,000円+税25%楽天Edy
カードのお申込みはこちら >

ANA ダイナースカードボーナスマイル

ご入会時・ご継続時ボーナス2,000マイル
ご搭乗時ボーナスマイル区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%

ANA ダイナースカードの年会費

年会費1年目27,000円+税
年会費2年目27,000円+税
家族カード年会費6,000円+税
楽天Edy無料

電子マネー

楽天Edy

ANA ダイナースカードはQUICKPay、楽天Edy、PiTaPaのご利用が可能です。

◆楽天Edy

お買い物の際にEdyでお支払いいただくと200円(税込)を1マイルが貯まります。
貯まったマイルはEdyに交換できます。

旅行保険は自動付帯

ANA ダイナースカードは、旅行回数、利用航空会社を関係なしで、海外旅行保険、国内旅行保険共に適用になります。カードで航空券を決済しなくても、持っているだけで旅行保険は自動付帯します。カードを利用しないと適用されない保険(利用付帯)が多いので、ここはANA ダイナースカードのお得なポイントです。

海外旅行保険

ANA ダイナースカード
傷害死亡/後遺障害最高1億円
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任1億円
携行品損害50万円
救援者費用400万円
補償期間3ヶ月
<事故発生前の補償内容などに関するお問い合わせ>
三井住友トラストクラブ㈱まで
0120-074-024
受付時間:24時間/年中無休

<事故発生後のお問い合わせ>
東京海上日動事故受付デスクまで
0120-828-929
受付時間:24時間/年中無休

国内旅行傷害保険

ANA ダイナースカード
傷害死亡/傷害後遺障害最高1億円
傷害入院日額1万円
手術手術の種類に応じて10万円・20万円・40万円
傷害通院日額3000円
<事故発生前の補償内容などに関するお問い合わせ>
三井住友トラストクラブ㈱まで
0120-074-024
受付時間:24時間/年中無休

<事故発生後のお問い合わせ>
東京海上日動事故受付デスクまで
0120-828-929
受付時間:24時間/年中無休

ANA ダイナースカードのメリットと特典

ビジネス専用チェックインが付く

一般カードには無く、ワイドカードにあるサービスになります。
ANA国際線エコノミークラス利用時、ビジネスクラスカウンターの利用が出来ます。

提携ホテル・レンタカー特典

提携ホテル宿泊割引、レンタカー割引の2つは一般カードでも付いてくる特典です。ワイドカード会員の場合はこれにIHG・ANA・ホテルズグループジャパン朝食無料&ウェルカムドリンク(国内)の特典が追加されます。

会員ご優待割引、サービスがたくさん

  • 機内販売10%OFF
  • ANA FESTA 10%OFF
  • astyle 5%OFF
  • 旅行商品5%OFF
  • ビジネス公開講座 15%OFF
  • 空港免税店 10%OFF

上記の割引特典が付いてきます。空港免税店のパーセント率は一般カードの2倍になっています。

あらゆるシーンでマイルが貯まる

入会、継続でボーナスマイルが貯まります。さらにカードの利用で100円=1ダイナースクラブリワインドポイント(1マイル相当)貯まりマイルへの移行ができます。
フライトでも通常のフライトマイルに加えて、区間ごとのボーナスマイルが貯まります。

楽天Edyチャージ、200円で1マイルが自動で積算されます。
また「ANAカードファミリーマイル」に登録(無料)すると家族のマイルを合算し、使い道が広がるので無駄なくマイルが利用できます。

マイル/ポイントを使った特典

貯まったマイル数に応じて航空券と交換が出来ます。
ポイントはマイルへの移行が出来ますが、そのままダイナースクラブ厳選商品と交換できます。

ビジネス・アカウントカード

プライベートとビジネス経費を分けたい方に個人カードとは別のカードが作れるオススメのサービスです。年間手数料は2,000円+税です。
ビジネス・アカウントカードで貯めたポイントは個人カードのポイントに合算でき、引き落とし口座を別に指定できます。

その他のダイナースクラブのサービス

  • 利用金額の制限を設けていないのでマイルもどんどん貯まる
  • ANAラウンジとは異なるが、国内/海外のクラブラウンジの利用が出来る
  • 国内外のラグジュアリーホテルの利用が会員限定料金で利用出来る
  • 出張や旅行の手配をサポート
  • ダイナースクラブのグルメ、エンターテイメント、トラベル、ゴルフなどの基本サービスを受けられる

ANA ダイナースカードのデメリット

ANA ダイナースカードは年齢27歳以上でないと入会が出来ないカードで、年会費は一般カード(2,000円+税)と比べると高額(27,000円+税)になっています。
高額な分、ワイドゴールドカード共通サービス、特典に加え、利用限度額を設けていなかったり、貯まったマイル、ポイントを多彩な商品に交換できたり、優待サービスが多く、旅行保険が手厚く、質も高いと思います。

ダイナースカードのサービス、特典は多くあるのでそれらを利用する人には便利なカードです。

ana_diners

Edyチャージでマイルが貯まり、カード利用でダイナースクラブリワードポイントでも貯まります。さらに貯まったマイルは航空券に、ポイントはマイルへ交換が出来ます。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANA ダイナースカード`27,000円+税27,000円+税25%楽天Edy
カードのお申込みはこちら >

コメントを残す

関連記事

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しなが仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

詳しいプロフィールはこちら>>>